犬だって悲しむし、怒るんだ

 

この動画の犬をみて、わたしも思い出しました。

犬って基本的に機嫌がいい動物だと思いますが、

同居人に対して、機嫌が悪くなるときもあったり、悲しくなったり、無視したりするんです。

わたしは犬と暮らしているときは旅行をしたことがありません。

それにはきっかけがありました。

犬だって怒るんだ!

どうしても犬を預けなくては行けなくなって、

とても環境の良さそうなペットホテルへ預けました。

用事が終わって、まっすぐに迎えに行きました。

透明な自動ドアがあってそこからわたしの犬が見えて、

わたしは目があったような気がしました。

いや、確かに目があって、犬をわたしを確認したはずです。

満面の笑みを浮かべて、

もう1枚のドアを開けた時、

わたしの愛犬は正面を向いていたはずなのに

後ろを向いていました。

あれ、オカシイな、見間違えたかな。

お金を払って、犬を抱えましたが、いつもと何か違う。

わたしと目を合わせないのです。

わたしが犬と暮らしてから一度も離れたことはなかった。

ホテルに預ける時も懸命に日本語で説明しました。

ま、犬には通じませんよね。

喜び勇んで迎えに言ったのに、どうも置いて行かれたと誤解している、

いや怒っている様子。

目も合わせないし、鳴かないのです。

まっすぐ前を見据えて、口をききません。

完全に拗ねているんです(笑

いつもなら名前を呼べば、わんわんってすぐに寄ってくるのに

呼びかけを一切無視w

前を向いて目を合わせずわたしは怒っています!!!の意思表示。。

機嫌を治すのに2日ほどかかりました。

わたしはそれから一度も預けませんでした。

愛犬に嫌われたくない一心ですwww

これは犬と一緒に暮らしたことがないとわからない

犬あるあるじゃないかなぁ。

ちょうど、その愛犬の命日でして、家族と思い出話になりましたが、

思い出すと楽しい気持ちをたくさんくれたなぁ。

ありがとう。

楽しかったよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です