Category Archives: サイエンスニュース

【備忘録】 重曹うがい

 

重曹うがいというのが効果的というのをみかけて

真偽はまだよくみていないのですが、

備忘録的に残しておきます。

重曹うがい、これからやってみます。効果がでるといいな。

継続してまたお伝えしますね。


“これはすごい”重曹うがいの絶大な効果で歯医者いらず

http://matome.naver.jp/odai/2138303450248033801

重曹うがいは、歯磨き後に重曹を溶かした水でうがいをすること。予防歯科開業医のサイトでは、重曹うがいの臨床の結果、PMTC(歯科医・歯科衛生士による歯のクリーニング)+フッ素塗布でも進行を阻止できない初期の小窩裂溝ウ蝕(虫歯)に著効と言っても良い効果が現れたそうです。

重曹は、弱いアルカリ性の食品添加物なので口に入れても危険はありません。ベーキング・パウダーとしても売られていますが、重曹にデンプンを添加しているので、添加なしの「食品用重曹」がオススメ。

というのも、うちは子供が小さい頃から虫歯が多くて

本当に悩んでいました。

気持ち的にいうと、

なんで?また虫歯?ちゃんと歯磨きしてるのに?これ以上どーすればいいの?

小さいころに主人が口で冷やした食べ物を子供に渡していましたが

旦那が虫歯菌を移したんだーーーー(怒)と歯医者で虫歯を指摘されるたびにイライラしてました。

ある歯医者さんでは

「そろそろ仕上げ磨きをしましょうか」といわれたのですが、

「!。。。。先生、毎日ちゃんとやっています。キシリトールもフロスも」

「。。。やってこれか。。。たまにいるんですよね。。」

先生曰く、子供だけに歯磨きをさせて仕上げ磨きをしていない子クラスの

虫歯度合いだったそうです。(当時4才くらい)

また、別の歯医者さんの講義を聞く機会があり

「子供の虫歯については子供のもつ遺伝子というか持っているものがある」

「子供だけに徹底は難しいとおもうけど、食事をしたら歯磨き、うがい、キシリトール」

「これを徹底するしかない」

「歯磨きしなくても虫歯にならない人もいる」

「お母さんたちのせいではない、自分を責めてはいけません」

そう言われた時に本当にホッとしました。

治して虫歯にならないように苛々するよりも

できることをやって、

子どもと歯医者さんとうまく付き合っていこうと考えました。

それから、小児歯科を探して、とても良い先生に出会うことができ

ようやく2ヶ月検診を続けるところまできました。

虫歯がない子をみるとちょっと羨ましくなりますが、

重曹うがいはよさそうなので、予防歯科に取り入れたいと思います。


子どもの成績をアップさせる「食事『法』」とは?

http://news.livedoor.com/article/detail/11012031/

子供の成績をアップさせるその方法とは、

親子が「一緒に食べること」と「一緒に作ること」です

だそうです。

食事の中身についての効果については諸説ありますが、

私も親子が一緒に食べること、コミュニケーションを取ることで

親子関係は随分違うと感じています。

朝の忙しい時間は食事を取らせながら家の用事をすませたいとおもいますが、

できるだけ、一緒に座って食事をします。

食事中にスマホをいじるのは論外ですが、

私が子供のころ食事中は家族でテレビを見ていました。

ただ、うちは食事の時間が長く、テレビのことを話したり

学校のことを話したり食事の時間で家族とコミュニケーションをとっていました。

そのせいか、親といる時間をいやだとおもったり、反抗期もありませんでした。

今でも家族がいる空間はとても自然です。

 

主人の家は食事をぱっと済ませる家庭ですが、

最初は食事の時間が静かでとても驚きました。

ダラダラ食べるのと今日のことを楽しく会話しながら食事をするのとは

違うと感じていますので、

お姑さんの目をかいくぐりながら、

楽しい食事時間を共有していきたいと思います。

それが、子供の成績アップに自然につながれば尚良です。

医師も実践している子供が丈夫になる食事...

医師も実践している子供が丈夫になる食事…
価格:1,234円(税込、送料込)


現在米国で人気のスーパーフードは?道端アンジェリカ、ミランダ・カーもハマリ中!

http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20150220/Angie_beautyfashion_56491.html

 

きれいな人が何を食べているのかに

なぜ興味がでるのかは、

きれいな人が何もしないできれいなわけではないということをみんな知っているから。

きれいな人は努力している。

これ真実。

よくローラちゃんのブログも拝見しますが、
http://ameblo.jp/rolarola/entry-11961299568.html
ローラちゃんもチアシードを紹介していました。

みかけがカエルの卵みたいなところを除けば
すごくよさそうです!

ローラのスタイル見たら、真似するしかありません!
ローラちゃんはおばかっぽくみえますが、すごくお料理も上手で勉強してるなって
ブログ読むとわかりますよーー。

 

話を戻して、この記事にも紹介がある「亜麻仁あぶら」

うちでは同類の「えごま油」をご紹介していますが、

共通するのは

チアシードと同じく、オメガ系脂肪酸や、食物繊維、タンパク質など、現代人に不足しがちな栄養を含み、血圧のコントロールやニキビ、更年期、腎機能の改善に効果があるといわれています。

オメガ系は人間の身体で作ることができないため、
食品から摂取する必要がある必須脂肪酸に指定されています。

それを効果的に摂取するのにチアシードやえごま油、亜麻仁油・・ということです。

オメガ3、オメガ6についてはコチラ→http://www.hakuraidou.com/info/omega3.htm

 

みなさんもいろんな工夫をしてきれいをKEEPしましょうね。

HPにも遊びに来てくださいね♪

<FOODISCO HP → http://www.foodisco.com/>

FOODISCO SToRE → http://www.foodisco.com/shop.html

FoodiscoのTwitterです。気軽にフォローしてください。
twitter / foodisco 
FoodiscoのTwitterです。気軽にフォローしてくださいね。

Twitter Button from twitbuttons.com
Facebook / foodisco

FACEBOOKのFANサイトでコミュニケートしませんか?


リマインド 今年も猛威を奮う「インフルエンザ」に打ち勝つ最新対策法とは

 

 

http://news.livedoor.com/article/detail/8442285/

私の周りではウイルス性胃腸炎が猛威をふるっていますが、
並行してインフルエンザもじわじわ来ています。

みなさんは大丈夫ですか?

ウイルス性胃腸炎も大変ですが、
インフルエンザは解熱してからも自宅待機しなければいけないので
会社員の方にはかなりの負担です。

とにかく予防!それにつきます。

毎年インフルエンザに関する予防対策がでますが、
一応今年もチェックしておきます。

内容をまとめると

  • インフルエンザ予防には“免疫力アップ”が不可欠
  • 免疫力アップのカギを握るのは、リンパ球の一種の“NK細胞”
  • NK細胞はデリケートでストレスや暴飲暴食で元気を失ってしまう
  • ストレスを軽減するには”大笑いすること”
  • NK細胞を活性化するにはR-1乳酸菌を毎日とること

 

R-1乳酸菌って?

これですよ、これ。

過去記事でも紹介しているのですが、
やはりR-1乳酸菌が効果がありそうです。
R-1乳酸菌に関する過去記事

 

ヤクルトなどの乳酸菌もいいと聞きますので、
身近、手頃に手に入るものを習慣づけて強い体にしていきましょう。

個人的には大勢の人がいるところには行かないというのが
一番効果があると思いますが、

電車通勤の方や
お子さんがいるかたは中々難しいですよね。

マスクでの予防には色々と賛否両論あるようですが、
しないよりはまし。

手洗いなどもいつもより丁寧にして
エアー乾燥機や家族といえどもタオルを共有しないなどで
随分予防できるのでは?と実践中です。


「コーヒーvs.お茶」本当に飲むべきなのはどっち?

皆さんは「コーヒーとお茶」どちらがお好みでしょうか?

私は圧倒的にコーヒーを飲んでいる回数が多いです。

お茶(緑茶)は食事の時くらいで、普段はあまり飲みません。

各自の好みはあれど、

上手に使い分けしていいことがあればそれはそれに越したことはないですよね(^^)

 

■1:しゃっきりしたい時には

ペンシルバニア州立大学の生物行動保健学助教授であるローラ・クレイン教授によると、カフェインは活動的になるホルモンの分泌を促進し、心拍数や血圧値を上げるそうです。カフェインの効果が現れるまでの時間は、“ほんの10分程度”とのこと。

また、メイヨー・クリニック総合病院によると、3.54g(1/8オンス)のお茶には14~61mgのカフェインが含まれていますが、対して同量のコーヒーには最低でも95mg含まれているそうです。

ですので、覚醒したい時には、“コーヒー”を飲みましょう!

 

しゃっきりしたい時はやっぱりコーヒーかぁ。

仕事の前はブラックコーヒーを身体が欲するのはカフェインのせいですかね?

ノンカフェイン・コーヒーもありますけど、やっぱりレギュラーはおいしいですね(*^^)

 

■2:健康のためには

2009年に発行された内科医学会誌に掲載された研究によると、コーヒーを毎日飲む人は、飲まない人に比べて30%も糖尿病II型に陥る危険性が低いそうです。

また毎日最低3杯のコーヒーを飲む人は、月に1杯も飲まない人に比べて9%も、皮膚癌になりにくいそうです。

これ対して、お茶、特に緑茶の効用についても、よく知られています。

緑茶に含まれる“没食子酸(もっしょくしさん)エピガロカテキン”は、ウィルスの活性化を防ぐ白血球細胞を再充填する抗酸化物質で、体内の弱った免疫システムの補修を助ける働きがあります。

このように抗酸化物質であるカテキンが豊富な緑茶は、がんを予防する働きもあります。

健康のためには、“両方”とも飲みましょう!

「コーヒーvs.お茶」本当に飲むべきなのはどっち?【前編】 | 美レンジャー

 

私はコーヒーを飲みすぎかなーと思っているので、

コーヒーを飲んでいる分を緑茶もしくは他のお茶に変えることでいろんないいところが得れそうですね。

最近渡辺徹さんも糖尿病で入院しました。。。(お大事に)

コーヒーを飲む人は飲まない人に比べて30%も糖尿病に陥る危険性が少ないとか。

是非、渡辺さんにブラックコーヒーを飲む習慣をお勧めしたいですね(^^)

■3:ダイエットの時は カフェインは食欲を緩やかに抑える働きがあると言われていて、最近の米国臨床栄養学会誌によると、“毎日緑茶を飲むことで、12週間でウェスト2.5cm減らす程の効果がある”とのことです。 これは緑茶に含まれる“没食子酸エピガロカテキン”とカフェインの働きによるもので、脂肪細胞を縮退させ、筋細胞をさらに活発にさせるからなんです。 ダイエットの時は、“お茶(緑茶)”を飲みましょう!

健康飲料でもカテキンが含まれた飲み物はダイエット飲料として人気がありますから、納得です。

ダイエットに効果があるとなると、

お茶の方に気分が乗ってきますねー。

 

■4:筋力を増やすためには 脂肪を燃やすためにはお茶が効果的ですが、筋力増加についてはコーヒーに軍配が上がります。 スポーツと運動における医学と科学誌に掲載された最近の研究によると、“エクササイズの数時間前に2杯半のコーヒーを飲むと、9%ほど長く走れる”ことがわかったとのこと。 これはカフェインが筋肉を活性化させる効果を持つためなのです。筋力を増やすには“コーヒー”を飲みましょう!

筋肉を活性化させるのにもカフェインが役立つとのこと。

しかし、

運動前後にコーヒーって。。。ちょっとそんな気分にはならないですよね。

(あ、私は、、ですけども)

 

■5:気分を上げるためには 生理学会誌に掲載されたイギリスでの2011年の研究によると、普段、毎日コーヒーを飲む人に、カフェインの入っていないコーヒーを飲ませ、パズルを解かせるという実験をした結果、カフェインが入っているコーヒーを飲んだ人と同じ結果が出たそうです。 クレイン博士によると、これは私たちがコーヒーとエネルギーとを結び付けて考えるためで、そのため、カフェインレスのコーヒーを飲んでもカフェイン入りコーヒーを飲んだ効果が得られるのだとか。 コーヒーがエネルギーと結び付けて考えられるように、お茶には憂鬱を和らげる作用が結び付けられています。 欧州応用生理学会誌に掲載された最近の研究によると、ジャスミンティーやラベンダーティーを飲む人は、香りを嗅ぐだけで心拍数が落ち着くような感覚があるとのことです。 なので、気分を上げたい時は“お茶”を飲みましょう。

 

 私はコーヒーの香りを嗅ぐと落ち着きますけどね。

仕事中も必ずコーヒーブレイクをいれますものwww

ゆったりと急須でお茶を入れるようにすればもう少しリラックスできるかな?

 

皆さんに参考になれば幸いでございます^^

HPにも遊びに来てくださいね♪

<FOODISCO HP → http://www.foodisco.com/>

FOODISCO SToRE → http://www.foodisco.com/shop.html

FoodiscoのTwitterです。気軽にフォローしてください。
twitter / foodisco 
FoodiscoのTwitterです。気軽にフォローしてくださいね。

Twitter Button from twitbuttons.com
Facebook / foodisco

FACEBOOKのFANサイトでコミュニケートしませんか?


ワインは万能アイテム!赤ワインに「脂肪燃焼の効果」が解明される

■ピセアタノールが肥満を抑制

ワインに含まれるポリフェノールがアンチエイジングに良いというのは良く知られていますが、今回発見されたのは、ピセアタノールというぶどうに含まれる物質が、若い脂肪細胞の生成を遅らせ、脂肪細胞の成長を防ぐ効果があるということ。

そしてさらに、インスリンが脂肪細胞の形成に関わる細胞を活性化させるのを阻止する効果もあります。

つまり、赤ワインに含まれる成分に肥満をコントロールする働きがあるということです。

 

これは驚き!赤ワインに「脂肪燃焼の効果」が解明される(美レンジャー) – エキサイトニュース

 

赤ワインってもうお酒の域を超えた万能アイテムになりつつありませんか?

 

今回の研究ではグラス1杯のワインで体重増加を防ぐ効果があることが明らかになったそうです^^

 

さらに今回はポリフェノールではなくて

 

”ピセアタノール”

この物質が若い脂肪細胞の生成を遅らせ、脂肪細胞の成長を防ぐ効果があるらしいです。

 

この”ピセアタノール”はダイエットだけじゃなくて心臓病やアルツハイマーなどの神経変性疾患、ガンの予防にもなるとか。。。

 

お酒ってダイエットの時には不必要な物ってイメージがありますが、

 

この赤ワインはちょっと特別ですね。

 

むしろ飲んだほうがいいくらい。

 

飲んだ勢いでカロリーの高いおつまみなんかを食べなきゃいいんですよね^^

 

 

私は現在お酒を飲んでいませんので、

ワインが好きな方、1日1杯いかがですか?

 

(^^)

HPにも遊びに来てくださいね♪

<FOODISCO HP → http://www.foodisco.com/>

FOODISCO SToRE → http://www.foodisco.com/shop.html

FoodiscoのTwitterです。気軽にフォローしてください。
twitter / foodisco 
FoodiscoのTwitterです。気軽にフォローしてくださいね。

Twitter Button from twitbuttons.com
Facebook / foodisco

FACEBOOKのFANサイトでコミュニケートしませんか?


今話題の「シジミ」実はシミ改善にも効果的と証明される

 

シジミといえば「オルニチン」がでてくるほど、

世間に認知された「オルニチン」の解毒作用。

 

解毒される=肝臓によい=疲労回復される

 

とそんな感じで理解している「シジミ」は最近の研究で

”疲れ肌改善効果・隠れシミ改善効果”があるという結果がでたらしいです

(^^)

■疲れ肌効果の検証とは?

「疲れ気味でかつ、肌質が悪い」と感じている25歳から60歳までの健康な日本人女性39名に対して行われた今回の実験。

被験者を無作為に2グループ(オルニチン摂取19名、オルニチンを含まないサプリ摂取20名)に分け、それぞれの試験食品を8週間毎日摂取させたところ、「ハリ、つやがない」「全体的に肌が乾燥する」「肌全体がくすんでいる」「肌荒れが気になる」など22の質問に対して、オルニチンを摂取したグループ全員が全ての質問に対して改善されたと答えたとのこと。

さらには、特に肌の弾力アップや、隠れシミの数の減少などの効果が顕著に現れたそう。

森田氏は、「オルニチンを摂取すると肝機能が鍛えられ、エネルギー共有がアップすると同時に、プロリンの共有力も上がり肌質のアップにつながると推測される」との語っています。

ちなみにプロリンとは、コラーゲンの原料となるアミノ酸成分です。

“お酒を飲み過ぎるお父さんにピッタリ”的な印象のあったシジミですが、肌の疲れ全体+シミ改善にも効果的だったのですね! 是非今夜から、美容のために“毎日のシジミ汁習慣”を開始してみてはいかがでしょうか?

今話題の「シジミ」実はシミ改善にも効果的と証明される(美レンジャー) – エキサイトニュース

 

この「ハリ、つやがない」「全体的に肌が乾燥する」「肌全体がくすんでいる」「肌荒れが気になる」

とアラフォー世代がみんな一つは抱えているであろう肌の悩みに対して

改善が見られたんですって!

 

おーーー。

それは素晴らしい。

 

 

美味しいだけでなく、肝臓にもよくて、肌の改善にも役立つシジミを摂取しない手はないですね♪

皆さんも是非いかがですか?

 

余談ですが、

最近”気”の流れにも興味があります。

高校生の時、国語の先生が合気道の達人で”えいや・えいや”と相手を飛ばしていましたが、

あれって本当だったのかなー^^

HPにも遊びに来てくださいね♪

<FOODISCO HP → http://www.foodisco.com/>

FOODISCO SToRE → http://www.foodisco.com/shop.html

FoodiscoのTwitterです。気軽にフォローしてください。
twitter / foodisco 
FoodiscoのTwitterです。気軽にフォローしてくださいね。

Twitter Button from twitbuttons.com
Facebook / foodisco

FACEBOOKのFANサイトでコミュニケートしませんか?