Category Archives: Health

「酒は飲んだら強くなる」が物議 医師も忠告「鍛えようと思ってはダメ」

「酒は飲んだら強くなる」に批判集まる 日本人の約半数は酒に弱い体質なので「死ぬで」と反論

若い頃はお酒が強い人が憧れで

かなり無理をして飲んだこともありました。

祖父は毎日晩酌をするほどお酒が好きでしたが、

父はあまり強くありません。

お酒は好きみたいですが、強くない。

ここの遺伝をもらったようです。

父の弟、つまり叔父さんは祖父に似たようでとってもお酒が強いです。

わたしもお酒は好きですが、そんなに強くはないと思います。

今回の記事のお酒は飲めば強くなるは

半分本当

半分嘘(危ない)

というのが、経験談です。

最初にお酒を飲み始めた頃、

自分のキャパを超えるとすぐに吐いていました。

それがビール一杯だとすると、

次第にビール2杯、3杯に増えていきました。。

お金もない頃なのでどうやって安く楽しく酔うかって考えてましたね。

ウイスキーやブランデー、カクテルも飲めるようになり、

お酒人生は楽しくなっていきました。

時間が過ぎて、焼酎、日本酒も飲めるようになった頃、

気づけば、2時間で焼酎1瓶空けるように・・・。

その頃からです、身体に異変がでてきました。

まず、

  1. 歯磨きすると血がでる
  2. 歯がグラグラする
  3. 肝臓の位置と言われるツボを押すと触っただけで激痛が走る

こんな状態を放置して飲み明かしていましたら、

肝臓が解毒出来なくなった(わたしの許容を超えた)のでしょう。

顔中吹き出物だらけに。。

細かい描写はしませんが、とても人前に出れるような状態ではありませんでした。

お化粧できるまで2年かかりました。。。

ここまでの自分の経験から

お酒は飲むと強く(飲めるように)なるが、

元々飲める体質じゃないのに飲むと危ないです。

お酒を鍛えようとはしてはいけない

お酒は飲めば強くなるのだろうか。NIKKEI STYLEが2015年に掲載した記事では、肝臓専門医で自治医科大学付属さいたま医療センター消化器科の浅部伸一氏が、「酒の強さは遺伝子によって決まる」と説明している。

酔いの原因は、アルコールを分解したときにできるアセトアルデヒドだ。これを分解するのが「アセトアルデヒド脱水素酵素」なのだが、この酵素の活性は遺伝子の組み合わせによって決まるという。活性は人種によって異なり、白人や黒人はほぼ100%が酒に強いのに対して、日本人を含む黄色人種では酒が強いタイプは50%にとどまる。日本人の約半数は酒が弱い体質なのだ。

記事の引用をみると

日本人の半数がお酒に弱いのだ。

最近の若者はノミニュケーションが足りないというけれど、

本来は飲めなかったのに、半分の飲める人たちの環境に入ってしまうと

無理して飲んでいた人も多いのかもしれない。

 

そして、今わたしは、お酒を飲まない。

でも、楽しく仲間と過ごすのにアルコールの力は必要ない。


「風邪に抗生物質投与は控えて」 厚労省が手引書

「風邪に抗生物質投与は控えて」 厚労省が手引書

みなさんのご家庭に医師から処方されたお薬がたくさん余っているかと思いますが、

その中に抗生物質はどれくらいあるでしょうか。

家族分を合わせると、結構な量にならないでしょうか。

うちは飲みきらないけど、処方されたお薬を全部飲みきってしまう方もいますよね。

この度厚生労働省が抗生物質の投与を控えるように伝達があるようです。

理由は、風邪の原因となるウイルスには抗生物質が効かないこと、

薬剤耐性菌が増えて将来的に抗生物質が効かなくなる可能性が懸念されるためです。

 手引書では、一般的な風邪の原因となるウイルスには抗生物質が効かないことから、「投与を行わないことを推奨する」とした。医師が患者に説明する際に「抗生物質は効かない」と告げた上で、症状が悪化する場合は再受診するよう指示しておくことが重要だとしている。

一方、ふだんより排便回数が1日3回以上増える急性下痢症は、ウイルス性、細菌性にかかわらず自然と良くなることが多い。そのため安易に抗生物質を使わないよう呼びかけている。

わたしは小さい頃から

薬はあまり飲まくていい、ひどい症状が収まったら飲まなくていい、

あとは自分の治癒力で治る

そんな環境で育ちました。

かかりつけの先生からも同じように言われてきたので

そんな風に育ちました。

今は薬を飲みきってくださいねって言われることが多いのですが、

「わかりました」と言って飲まないことも多いです。

先日腎盂腎炎になったときはさすがに抗生物質を飲んだのですが、

抗生物質は悪い菌も殺すが良い菌も殺すので

薬を飲まなくなってから、水分量など気をつけてくださいとアドバイスされました。

風邪の症状で抗生物質を処方されることにも驚いたのですが、

これを厚生労働省が発令することに深刻さを感じますね。

先日もこんな記事がありました。

26種の抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」で米女性死亡

薬を強くすれば、菌も生き残ろうと変異していく。

身体を温めて治癒力高めて行きましょう。

 

 

 


クリスティアーノ・ロナウドに学ぶ食事管理

👍

Cristiano Ronaldoさん(@cristiano)がシェアした投稿 –

人は食べるもので出来ている。

余裕がなくなってくると子供に対しても

なんか適当にコンビニで買って・・・となりそうだけど、

どうしてもコンビニ弁当は腐らないというか

そのための添加物が気になる。

大人はまだいいとして子供にはかなり抵抗がある。

最近、本気で食事を学ばないといけないなーーと考える日々です。

小学生になると子どもたちも方向性がかなり見えてきます。

サッカー、野球、水泳をはじめとする運動に向かう子どもたち、

ピアノ、書道、絵画など文化系に向かう子供。

水泳は習わないと泳げないので、水泳+何かを習っている人も多いです。

方向性が見えてきた時、

その基礎を支える栄養と、どんな筋肉が必要かによって食事の内容も大きく変わってきます。

持久力のいるスポーツなのか、瞬発力が必要なのか、集中力なのか。

手先の器用さとかね。

そこで参考になるのはやはり、トップアスリートではないでしょうか。

決め手はあの恩師の助言…C・ロナウド、専門家絶賛の食事管理とは

クリスチャーノ・ロナウドの食事ルールとは

  • ファストフードは食べない
  • スイーツは食べない
  • 炭酸や糖分が入った飲料は飲まない
  • 食べ物にソースはかけない
  • 揚げ物もほとんど食べない
  • 魚と野菜が中心
  • 新鮮なものを食べる
  • 決まった時間に摂取する
  • フィジカルトレーニング後食事まで1時間以上空けない
  • 夕食は軽く済ませる
  • 就寝の2時間前に必ずすませる

こういった細かいことを積み重ねているのだとか。

サッカーとトレーニング以外にもとても忙しい身でしょうから、

ルールを守るのはとても意思が強くないと難しいような気がしますね。

自分に負けないマインドコントロールも大切。

トップアスリートはいろいろ試した結果今に落ち着いているので

参考にしながら取り入れていきたいです。


妊娠しやすい時期を教えてくれるブレスレット #医療機器

少子化と言われて久しいですが、

子供が欲しいけど、出来ないって知人がたくさんいます。

理由はいろいろあると思うのですが、

結婚後、子作りを解禁したらすぐに妊娠すると思っている人が多いようです。

わたしもそうでした。

でも、これが意外と自然には妊娠しないんですよ。

不思議なもんですね。

わたしは周りの独身者女性に基礎体温をつけることを勧めています。

わたしは第一子妊娠後からつけ始めましたが、

体調管理にとても役立っています。

ただ、ちょっと面倒なんですよね。

毎日同じ時間に舌下で検温しなくてはいけない・・。

この「AVA」は寝ている時につけてスマホに同期すると

いろんなアプローチから妊娠しやすい時期に入ったことを教えてくれるらしいです。

スイスの臨床試験では90%の確率で妊娠しやすい日が検出できたのだとか。

妊活している女性もたくさんいるので、

妊娠までのお役に立てるといいですね!

 

 


子供が発熱! 診察まで3時間! どうする? #インフルエンザ

子供が発熱しました。

仲の良い友人がインフルエンザになったと聞いていたので

可能性はあるとおもっていましたが、

突然、高熱を出しました。

祝日の土曜日だったため、午後診療をやっている箇所がなく

あと、高熱【38.6】でしたが、食欲もあり落ち着いていたので

日曜日に診療にすることにしました。

やはり日祝祭日に診療している病院は少ないので

混んでいるとは思いましたが、

病院の近くは車の中で家族を待つ人たちで溢れていました。

いやーな予感。。。

自動ドアを抜けると椅子に座れずに壁にうなだれている人、

中にいるのがいたたまれないのか外で待っている人も多数いました。

付き添いもいるとはいえ、

2時間〜3時間は余裕でかかる感じでした。

外で待ったほうが感染していない人は安心かと思いますが、

冷たい風がビュービューと強く吹いています。

これで3時間はとても待てそうにありません。

受付の方はとてもスマイリーですが、とても忙しそうでした。

そして、、、

わたしは帰ることにしました!

明日学校に行く時に仮に元気だとしても

まだインフルの菌を保持して感染源になる可能性もあります。

インフルエンザに感染しているか否かは確認しないといけません。

子供を見ると、昨日の高熱のときとはうって変わり少し咳や痰がでるかなというくらい。

もし、子供がインフルエンザでなかったら、

このパンデミックは前線にある病院に3時間もいたら

絶対感染ってしまう・・・。

3時間待つか明日出直すかの選択はありませんでした。

帰ろう。

家で3時間横になって寝たほうが余程いいかもしれない。

ちょっと余談ですが、

子どもたちには皆勤賞というのがあります。

学校を休まないってやつですね。

ある子はちょっと熱があるのに、一旦学校へ行って早退する。

そうすれば皆勤賞をもらえるというのです。

 

学校を休まない、会社を休まない。

素晴らしいことですね。

ただ、その皆勤賞をとるために具合が悪いのに行かせるのは意味がないと思います。

数年前にわたしも同じことを子供にしました。

あと数日で1学期が終わりというので、37度くらい熱がありましたが、

皆勤賞を貰いたいというのです。

考えましたが、本人の希望でしたし、具合が悪くなったらすぐに先生に言うように

連絡帳にも書きました。

結局給食後に早退してきましたが、

それから10日間熱が上がったり下がったり。。。

自分の判断の不甲斐なさに涙しました。

せっかくの夏休みのスタートなのに。。

子供の人生に置いてこの皆勤賞がなんだっていうんだ!!?

あの時しっかり休ませなかったわたしがよくない!

 

今日病院に行った時にインフルエンザの患者さんで溢れているようでしたが、

わたしが見た感じ、(個人的には)

あの場所にいて先生に診てもらうことが必須の人ってごく一部だと思うんです。

(明日会社や学校に連絡するときに診断書がいるとかそんな人も多いのでは???!)

インフルエンザの症状があっても食欲があって水分を取れるのであれば

日祝診察ではなくて、是非平日への振替を検討してみてくださいね。


一度の泥酔が脳に与える影響は「1年間」も継続 米で研究

一度の泥酔で、脳に1年間の影響

米誌「addictive behaviors」にこのほど掲載された米ワシントン大学の研究者の研究結果によると、一度の泥酔が脳に与える影響は1年間継続し、その先1年間の酒量が減少するといった影響を与えるほか、嘔吐したり、意識を失ったりしやすくなるという。

わたしは今はお酒を飲みません。

以前は飲んでいましたが飲まなくなりました。

この記事を読んでよかった〜(笑

飲むときはベロベロにならないとお酒を飲んだ気がしないというか

それがお酒を飲むことだと誤解していたようです。

飲み過ぎがたたったのか、

身体の解毒作用に支障がでるようになり、やめたのが23歳くらいでしょうか。

25歳か26歳のときに

身体の調子もよくなっていたので、友達と行ったお祭りか何かで

ビールをちょっとだけ飲みました。

グラスにほんの1センチくらいだったと思います。

その後の記憶はほぼありません。

友達がいうには顔が真っ白になり気づいた時には気を失っていたと。。。

吐いたりとかそういう症状は一切なく

静かに倒れたそうです(笑

それにもこりずわたしは何度かの気絶に近いものを経験しながら

お酒は飲めるようになっていきました。

お酒を飲む機会というか、

友達と飲むのが大好きだったからです。

友達がどんどん酔っていくのにわたしだけ烏龍茶じゃ興ざめするのがいやでしたね〜。

わたしがお酒を完全にやめたのは妊娠がわかってからです。。

今思えば、お酒飲まなくても、わたしは友人たちと楽しい時間を過ごせていました。

みんなはよく飲まないでいられるなぁと感心しますが、

飲まなくても大丈夫になった結果

二日酔いなどの不快な気分とは無縁になりました^^

研究報告をまとめた研究者は、「一度泥酔すると脳に刺激を与え、一部の機能が損傷し、それ以降に飲酒する時には自分を守ろうとするからだ」と分析している。

酔ったり吐いたり気を失うのは、

自分の身体の防衛本能なんですね。

最近、主人もめっきりお酒が弱くなりました。

昔はどれだけ飲んでも酔わなかったのに

赤くなるし、ふらふらしてるーー 防衛本能かぁ

やめなくてもいいけど、適切な量を学ばないといけないですね。


<医療>花粉症の子は果物アレルギーにも注意

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000015-mai-soci

花粉症の子は果物アレルギーにも注意が必要

今回の調査で、OASの症状の有無についても聞いたところ、「果物を食べたときに口や唇、喉にかゆみやピリピリ感・イガイガ感」を感じていた子どもは全体の13.5%でしたが、花粉症の子どもに限ると20.6%で、約1.5倍高いことが分かりました。花粉症の子どもに症状が出たときに食べていた果物を尋ねると(複数回答可)、「リンゴ・モモ・キウイ」50.0%▽「メロン・スイカ」38.9%▽「その他の果物」35.8%--でした。

花粉症の子供に果物を食べた時の感じ方を聞くと(喉のかゆみ、いがいが、ぴりぴりなど)子供全体の割合からいうと

1.5倍もあったそうです。

今年の花粉症は昨年の4.4倍の飛散が予想されています。

気象情報会社「ウェザーニューズ」は先月31日、関東と九州の計6都県が花粉シーズンに入ったと発表しました。

http://www.tenki.jp/forecaster/diary/pollen/2017/01/17/63041.html

スギ花粉のピーク予測は以下のとおりです。
福岡:2月下旬から3月上旬
高松・広島・大阪・名古屋・東京:3月上旬から3月中旬
金沢・仙台:3月中旬から3月下旬

九州で育ったわたしはまわりに花粉症の人があまりいませんでした。

花粉症の人がいても大人になって、

よく言う「花粉症のアレルギーのバケツから溢れてしまった・・」

そのため大人になってから発症したんだという人がとても多かったです。

しかし、

最近では子供の頃から発症してしまうこともあるのだとか。

子供の頃から花粉症だなんて可哀想すぎる。。。

乳幼児からの予防が大切と記事のお医者様はアドバイスされています。

◇【子どもの花粉対策5カ条】

・花粉の飛散情報をしっかりとチェックする

・屋外では、マスクの着用など花粉との接触を避ける工夫をする

・屋内に花粉を入れないようにする

・目に症状が出たら、かいて症状が悪化しないように目薬を使う

・子どもの症状は気付きにくいので、親はサインを見逃さないようにする

怪しいかな?と思ったら

受診することも勧めていました。

個人的には医師の診断をもらいつつ、

食べ物で体質改善出来ることもあると思いますので、

研究と対応がいいかなと思います。