Category Archives: LIFE

セルフレジ、使っていますか?

以前このブログで紹介した「AMAZONGO」

お店に入るときに認証して、あとは買い物すればレジフリーでお店を出ることが出来る、

画期的なセルフレジです。

 

AmazonGO の商品認識方法がビックリ

「AMAZONGO」をご紹介したときに

近所のスーパーでセルフレジが起用されたが、使いづらそうだという話を書いたのですが、

どうやら世間でも同様に捉えてる方が多いようです。

セルフレジは定着するか 消費者は「面倒くさい」と避けがち、利用率の低さから廃止する店も

面倒だとか、音がうるさいとか、なんとかかんとか

批判が多いようですが、

わたしはセルフレジ賛成派です。

記事によれば、セルフレジは数人が並んで、通常が長蛇の列が多いとのことで

その条件で同じ立場になったら、間違いなくセルフに並ぶでしょう。

近所のスーパーなんて

ほぼ店員がやってくれて、カードか現金かを選んで精算するところが自分なだけ。

そうするとあまりセルフの意味ないのかな。

ただ、お金の出し入れで高齢者の方はゆっくりの方が多いので

後ろの人を気にせずに自分のペースで精算出来るのは双方にいいことかもしれません。

suica決済が最高

わたしは駅前や駅ナカビルで使えるsuicaが最強と思っています。

駅のコンビニなどではsuicaを使ったセルフレジがありますが、

いつもあれを利用しています。

タバコやコーヒーなどの理由がなければ、

駅の買い物なんて数点しか購入しないのだから

絶対セルフレジ利用したほうがいい。

千円か二千円チャージしてピピってスキャンして、

suicaを当てればそれで終わり、袋詰も自分だし、

箸もスプーンも自分で選べるし、利用しないことも自分で選べる。

suicaで買い物するのに、タバコ買わないのに

セルフレジを利用しない理由がない。

これが年齢が高齢な方ならまだ理解出来るのですが、

結構若い方も現金で支払ってる。

でもsuica持ってますよね?と突っ込みたくなる(笑

短気なくせに、前の人の会計にイライラする割には

一番時間を食う精算方法を選ぶ人が多いのはとても不思議です。

節約する割には

メガバンクを利用している人が多いのと同じくらい不思議です。

記事にもあった中で大きく頷いたのは

セルフレジの規格が違うのでやり方が違うのですが、

このあたりをもっと利権などでなく消費者目線でやってくれると嬉しいです。

電子マネーももう少し絞ってくれるとポイントも貯まるし使うんだけどなぁ。

便利だけど、

利権が絡むと途端に不便になり使いづらくなる。

とても残念な世の中ですわ。


「酒は飲んだら強くなる」が物議 医師も忠告「鍛えようと思ってはダメ」

「酒は飲んだら強くなる」に批判集まる 日本人の約半数は酒に弱い体質なので「死ぬで」と反論

若い頃はお酒が強い人が憧れで

かなり無理をして飲んだこともありました。

祖父は毎日晩酌をするほどお酒が好きでしたが、

父はあまり強くありません。

お酒は好きみたいですが、強くない。

ここの遺伝をもらったようです。

父の弟、つまり叔父さんは祖父に似たようでとってもお酒が強いです。

わたしもお酒は好きですが、そんなに強くはないと思います。

今回の記事のお酒は飲めば強くなるは

半分本当

半分嘘(危ない)

というのが、経験談です。

最初にお酒を飲み始めた頃、

自分のキャパを超えるとすぐに吐いていました。

それがビール一杯だとすると、

次第にビール2杯、3杯に増えていきました。。

お金もない頃なのでどうやって安く楽しく酔うかって考えてましたね。

ウイスキーやブランデー、カクテルも飲めるようになり、

お酒人生は楽しくなっていきました。

時間が過ぎて、焼酎、日本酒も飲めるようになった頃、

気づけば、2時間で焼酎1瓶空けるように・・・。

その頃からです、身体に異変がでてきました。

まず、

  1. 歯磨きすると血がでる
  2. 歯がグラグラする
  3. 肝臓の位置と言われるツボを押すと触っただけで激痛が走る

こんな状態を放置して飲み明かしていましたら、

肝臓が解毒出来なくなった(わたしの許容を超えた)のでしょう。

顔中吹き出物だらけに。。

細かい描写はしませんが、とても人前に出れるような状態ではありませんでした。

お化粧できるまで2年かかりました。。。

ここまでの自分の経験から

お酒は飲むと強く(飲めるように)なるが、

元々飲める体質じゃないのに飲むと危ないです。

お酒を鍛えようとはしてはいけない

お酒は飲めば強くなるのだろうか。NIKKEI STYLEが2015年に掲載した記事では、肝臓専門医で自治医科大学付属さいたま医療センター消化器科の浅部伸一氏が、「酒の強さは遺伝子によって決まる」と説明している。

酔いの原因は、アルコールを分解したときにできるアセトアルデヒドだ。これを分解するのが「アセトアルデヒド脱水素酵素」なのだが、この酵素の活性は遺伝子の組み合わせによって決まるという。活性は人種によって異なり、白人や黒人はほぼ100%が酒に強いのに対して、日本人を含む黄色人種では酒が強いタイプは50%にとどまる。日本人の約半数は酒が弱い体質なのだ。

記事の引用をみると

日本人の半数がお酒に弱いのだ。

最近の若者はノミニュケーションが足りないというけれど、

本来は飲めなかったのに、半分の飲める人たちの環境に入ってしまうと

無理して飲んでいた人も多いのかもしれない。

 

そして、今わたしは、お酒を飲まない。

でも、楽しく仲間と過ごすのにアルコールの力は必要ない。


1億円を貯めて31歳でリタイアした女性からの助言

仕事に縛られなければ生活費は安く済む。1億円を貯めて31歳でリタイアした女性からの助言

「みんな意識していないと思うけど、わたしたちは『働くため』にたくさんのお金を使っている。わたしはそこに気づいたんです。毎日の通勤にいくらかかる? プロフェッショナルに見える服装とそれをクリーニングに出すお金は? 子供のいる人たちは託児所などにいくら出費しているの?」

シェン氏はトラビ氏にそう説明し、「その立場にならないと実感できないけど、仕事に関する経費がなくなれば、生活コストは下がるんです」と続けた。

(女性が結婚して子供がいてフルタイムのホワイトカラーで働いていると仮定します)

わたしも常々思っていました。

働くことでお金がかかっていると。

例えば、デニムとTシャツでオフィスに行ければ(スーツをやめれば)

その費用はいらない。

そして、スーツやコートのクリーニングもいらない。

やっぱりずっと同じスーツというわけには行かないので

(特に女性は)

毎シーズン何か買い足します。

靴も結構お金がかかります。

ヒールって足が痛くなるし、走れないのに

きちんと感のために履く。

これがスニーカーで良ければ1,2足ですむはずで、足も快適。

靴に合わせて靴下ストッキングと用意しなくちゃいけない。

見た目をキープするのに美容院も行きますよね。

バッグとかもファッションに合わせて買いますよ。

うーーーん、これだけ考えてもとてもお金がかかる。

食費もかかると思うんですよ。

家にいれば主婦だと夕飯の残りとかで昼食を済ませることができるのに

お弁当を作らないと外食代がかかります。

水筒を持参しないと飲み物代がかかります。

以前月のお小遣いが1万円という男性がいて

それを聞いた独身の友人が

「俺、今日コンビニで朝飯と飲み物、タバコ買って1400円くらい払っています」

「どうやって生活するんですか?」って真顔で聞いてました(笑

これが独身の朝ごはんですけど、

 

ランチを1000円と仮定すると+飲み物2回購入=1200円

1200円☓20日=24000円

交通費や付き合いの飲み代、洋服代、靴代、美容院代、

いろいろ考えるととってもお金がかかります。

これを交通費を除く月3万円(仮定)の中でやりくりするって至難の技です。

仕事が忙しいとお惣菜を買う回数も増えるので

家の食費も加算されるんですよ。

これが専業主婦なら食費は料理の工夫や腕でカバー出来ることもあるかもしれないですよね。

もちろん、この記事の女性は1億円の原資を元にいろいろと投資をしたり

お金を活かしているとは思いますし、

そもそもどうやって1億貯めるんだよ!という疑問は尽きないのですが、

働くとその分お金がかかるということには概ね賛成ですよというお話でした〜。

 

 

 


これは完全なるドッペルゲンガー(笑 #ハリーポッター

🌝

Коленька ⚡️さん(@anupliy)がシェアした投稿 –

http://spotlight-media.jp/article/388539114278102582

ドッペルゲンガーとは・・・

ドッペルゲンガー: Doppelgänger)とは、自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象である[1][2]。自分とそっくりの姿をした分身[1]。第2の自我生霊の類[3]。同じ人物が同時に別の場所(複数の場合もある)に姿を現す現象を指すこともある(第三者が目撃するのも含む)[2][4]。超常現象事典などでは超常現象のひとつとして扱われる[5][2]。近年では医学的な説明の試みもあり、それで一応説明可能なものもあるが、説明不能なものもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC

自分とそっくりの姿をした分身・・・。

最初見たときは本人以外の画像とは想像すらできなかった。

こんなにアップで別人とは・・・本当によく似た人がいるんですね。

彼は、ロシア、クラスノヤルスクで暮らす“Nikolai Posleda”さんと言う方です。

似ていることが縁になって

ロシアのハンバーガーチェーン「Big Yorker」のモデルになっているのだとか。

人生何があるかわかりませんねーー(笑

 

 

昨年末にハリーポッターの本を購入して子どもたちに

読み聞かせているところですので、

個人的にタイムリーでした。

是非、インスタグラム見に行ってみてくださいね。

 

 

 


ヨーロッパの大学は学費が安い

http://tatsumarutimes.com/archives/5574

ヨーロッパ、北欧の学費がこんなに安いって知りませんでした。

英語を習わせている家庭が多いのですが、

先日2年通っている子供に英語で話しかけたら

一切対応出来ませんでした(涙

もちろん、わたしはネイティブではないですが、

正直2年も通ってこの程度のことに瞬時に対応出来ないのかと

落胆してしまいました。。

わたしは

子供に英語を習わせる場合、その家族

特に母親も一緒に学ぶべきと考えています。

自分は喋れないし、努力もしないのに

あなた達はやりなさいよ、英語学校行きなさいよで

英語が話せるほど島国は甘くないです。

文法よりも先程のシチュエーションで

What’S your name?  って聞かれたら、

I’m ◯◯。

くらいは反射で答えるようになって欲しいですね。

ついでにいうと、

わたしは日本の大学にこんなにお金をかけて行かせる必要があるのかと

考えています。

これは主人も同様です。

せっかく4年も行ったのに、その学んだことを一切活かさない職業についている人が多く

何のために大学に行ったの?

って思ってしまうんです。

中学受験からしている人は塾の費用とか考えると

ほんとにいくら払って来たんだろう?って

そのお金を払うだけの対価を得られたのか・・・

やりたいことをやる上で役に立っているんだろうか。。

弟は大学生のときあまりバイトしなかったらしいですが、

それは学業が仕事であって、

バイトをすると勉強できないことを知っていたからです。

賢いですよね。

その通りなんです。

大学生は学ぶために行くところ。

お金を稼ぐために学業がおろそかになっては本末転倒。

奨学金が学生ローンが故にしょうがないのかもしれませんが、

それだけの時間をかけて勉強できるのは大学生までです。

一旦就業すると、毎日1時間勉強する時間を捻出することがどんなに大変か

分かることでしょう。

同じお金を出すのなら、

留学もいいのかなぁと模索しています。

チェコとか留学生でも言語が理解できれば無料なんですって。

フランスとかも激安です。

フランスはフランス語か・・・・。

でもやっぱり英語・・・(笑

アメリカも結構お高いのですよ。

フィリピン?

どんなに翻訳ツールが発達しても

テレパシー会話出来る以外

自分で言葉を変換し伝える力は必要です。

地球で生きる力を身につけて欲しいなって

欲張りですかね?

 

 

 


ガチのソフトボール選手がドッヂボールをした結果

この動画は

最初の方でドッヂボールする女子たちも十分早いんですね。

こんなもんかぁと

ダラダラ見ていたら、

突然本物が出てくるんです(笑

いやぁ、その場にいたらうひゃひゃと笑ったでしょう。

すごいのなんの、当たった女子、オエってなってますよ。

避ける術が見当たらない。

遠い昔。

ソフト部でエースをしていたが、

今は違う種目をしたいと言っていた知人がいました。

ある機会があって、

現役ソフト部と試合をすることになった。(わたしも一緒に)

わたしが、ソフトやったことないけど大丈夫ーー?

って言ったら、

「立ってるだけでいいですよ、そこまでボール飛ばないんで」

って。

言っている意味がわからなかったけど、

とりあえず当てて走る練習して。

試合当日。

「立ってるだけでいいですよ」の意味を知ることに。

もちろん、知人がピッチャーなわけですが、

ははは、早すぎて誰も打てないの。

いやぁ、あんなに暇な時間もなかったですね。

さすがに、

「ソフトボールに戻ったほうが・・・」

「いや、もう興味ないんで出来ないことをしたいです」と。

うん、仲間でよかった。

今、どんな人生おくってるかなぁ

 

 

人生悩んだら、音楽が
後押ししてくれるよ


体も手で洗う 身体の洗い方

旦那の肌のほうが荒れている

旦那は体をボディタオルでゴシゴシ洗うタイプです。

必要ないって言っても、気持ち悪いとか汚いとか言って

子どもたちもゴシゴシ洗います。

わたしはほぼ石鹸も使いませんが、

使うとしても石鹸はごく少量で、出来るだけソフトに(泡立てて)してから

手で丁寧に洗います。

ゴシゴシ洗うと肌がヒリヒリしていいことありません。

でも、旦那はきくみみもたない。

ここで子どもとお風呂に入るときに

子どもたちが両親に真逆のことを言われて困っています(笑

ただ、旦那の肌の方が明らかに荒れているので、

子どもたち曰く、

お父さんは洗えというがお父さんの肌は傷だらけで

洗うときにとても痛い。

でも、お母さんはとても肌が綺麗だし、洗う時も優しく洗うから

お母さんの方法がいい。

結果がすべて(うふふ)

福山雅治が石けんもボディソープも使わないその理由と正しい体の洗い方

お風呂に入るときにお湯だけで洗う方法をタモリ式入浴法というらしい。

じゃ、わたしもタモリ式だ(笑

そして福山くんも実践中とのこと。

ローラもやってるとかやってないとか。

わたしは朝も顔を洗いません。

拭き取りのみです。

擦らない。

肌には常在菌が存在していて本来はその常在菌で肌は守られるのに

ごしごししたり、洗浄能力の強い洗剤で洗いすぎて常在菌がいなくなってしまう。

綺麗にしようとして、

肌が痒くなったりするんじゃあ、本末転倒ですよね。

思い返せば

わたしは中学くらいからごしごし身体を洗った記憶がありません。

テレビでストリッパーの人が出ていて

1日5回のステージで毎回シャワーを浴びるけども

石鹸でソフトに身体を撫でるだけだと言っていたのがとても印象に残ってまして。

だって、

身体が資本の仕事の人が石鹸で身体を撫でるだけっていうんですから。

女性として、肌を綺麗にするにはあまり強くこすっちゃってはいけないって

強くインプットされたのでしょうね(笑

歳を重ねると

皮脂がなくなっていくのを感じます。

保湿を大事にしながら、擦らずに

常在菌とうまく付き合っていくのが良策かと。

是非、トライしてみてください。