Tag Archives:  東京事変

東京2020 東京事変 #紅白歌合戦2016 #東京事変 #椎名林檎

このハッシュタグを2016年の最後に見ることが出来るとは、感無量

しかも、

登場の時間帯にも意味があって。

いろんな偶然がわたしたち事変愛好家の期待を押し上げる。

いや、偶然ってないんじゃない?

「青春の瞬き」は解散ライブで聞いた特別な曲。

多くの言葉ではなく、音楽で事変は伝えてくれた。

とっても大切な曲を

全国生放送の紅白で披露するということは、、、どういうことなんだ。。。

恋しいのです。東京事変が。会いたいのです。東京事変に。

余談ですが、

この曲の歌詞には目指していた場所へ辿り着いたんだ という箇所があります。

青春の瞬きをSMAPxSMAPで 林檎嬢がメンバーと歌ったそうですが、

SMAPは目指していた場所へ辿りつけたのでしょうかね〜

ひとりごとです。

2016年

今年もお世話になりました。

2017年も皆様とわたしの関係者にとって素晴らしい一年となりますように♪

ありがとう。

さらば、2016年! ありがとう、楽しかった!


まなびSTORY 長岡亮介(音楽家) 後編

 

→→前半の記事は此方

どっちかっていうと後半の方が好きだな。

自分のために発言を自分なりに抜粋。

曲を作るとき、なんか聞いたことがあるというようなものは作りたくなくて、

自分を通して自分なりに作る。

人を見ている、音を通して。

勉強し過ぎると個性がなくなる気がする。

音楽の勉強よりも経験とかそういうことを積んだほうがいい。

カントリー歌手の下り。

あるカントリー歌手のご指名のギタリストがいて、

そのギタリストは決まったコードしか弾かないというより多分弾けない。

でも、その人よりギターを上手に弾ける人が敢えて真似して弾いても同じ音はでない。

それしか弾けない人とは音が違うと。

手間をかけないと喜びもない。

テクノロジーを利用して好きなモノ、人とどんどん出会ってほしい。

ネットをきっかけにして人と接してほしい。

抜粋此処まで↑

私が普段感じることととても共感できて、

嬉しいです。

ネットは世界をとても近づけてくれたけれど、

人と人との距離が遠くなった気がする。

隣にいるのに離さない人たちも多い。

コミュニケーションするのが面倒なのか、怖いのかも。

どんなに世界がAIで埋め尽くされても人は人が恋しい。

人は人しかできないことにシフトしていけば

世界はもっと生きやすくなる。

 

あれから4年。また閏年だ。

 

 


まなびSTORY 長岡亮介(音楽家) 前編

最近うれしいことがあって、

私が事変好きだと話すと、

「わたしは長岡亮介が好きです。」という人に会えた。

事変のことはあまり知らないという彼女。

それでもとても嬉しかった。

長岡亮介=浮雲

 

 


彼女はペトロールズが好きですとも言った。