Foodiscoではお客様のご要望により業務用販売も行っております。詳細はコチラからどうぞ。お問い合わせ大歓迎です!

心を込めて対応させて頂きます。

↑↑えごまそばの詳細&購入は
コチラから

    *メディア掲載

      

<長崎県 匿名様>

昨年の年越しそばとして初めて食べてあまりのおいしさにもう一度食べたくて買いに行きましたが売り切れでした。→and more

DHA・EPA

■DHAとは
DHAとは、ドコサヘキサエン酸の略称で、ヒトの体内では作ることのできない栄養素です。 DHAは、オメガ3系列の多価不飽和脂肪酸で、特にマグロなどの青魚の頭部に多く含まれています。

--------------------------------------------------------------------------------

■EPAとは
EPAとは、エイコサペンタエン酸の略称で、ヒトの体内では作ることのできない栄養素です。 EPAは、オメガ3脂肪酸で、特に青魚に多く含まれています。

--------------------------------------------------------------------------------

■DHA・EPAの効果とは
DHAは血液の粘度を下げ、血液の流れを良くし(血液中の脂質濃度を下げる働き)、目の網膜や脳の働きを活性化する健康効果があるといわれています。DHAとEPAは、DHAを摂取すると脳の細胞膜が柔らかくなり、脳が活性化(記憶力や観察力の機能もアップ)します!

脳の細胞を形作るのは細胞膜で、特にDHAは情報伝達機能を受け持つシナプス膜(神経終末)を作る材料になっており、シナプス膜にDHAが多いほど膜は柔らかくなります。
したがって、DHAはシナプスの先端で情報を伝達する重要な役割を担っているのです。
また、DHAはミトコンドリアというエネルギーを作り出す部分の成分にもなります。

ですから、DHAが十分にあれば、脳は活発に働き、記憶能力や学習能力も増加します。これが、注目されているDHAの健脳作用です。

ところが、DHAは年とともに減少し、不足すると、脳の活性化が失われて、老人性痴呆症(以前はボケともいわれていました)につながるおそれがあります。

脳血管障害による痴呆症はEPAやDHAの不足で血流が滞り、血栓ができやすくなって起こるのです。やはり、DHA不足が深く関連しています。

また、DHAは美肌効果があるともいわれています。

--------------------------------------------------------------------------------

■DHAを多く含む食品

DHAは食品として多く摂れば、それだけ脳のDHAも増えることがわかっています。
DHAは魚に多く、特に背の青い魚に多く含まれています。青魚などDHAを多く含んだ食事を摂りましょう。

しかし、どうしても青魚が苦手な方がいると思います。
そのような方で、食品でDHA・EPAを摂りたいという方には、αリノレン酸がオススメです。
αリノレン酸を多く含む食品として、えごま・亜麻仁・くるみ・チアシードが挙げられます。

α−リノレン酸は人体内では作ることができない必須の脂肪酸であり、生体内でEPAやDHAに変わります。
EPAやDHAには、血液中の脂質濃度を下げる働きがあることから、動脈硬化を抑制する作用や血栓症を予防する作用があるのではないかと推測されます。

また、魚由来のEPAやDHAには中性脂肪を低下させる働きがあるといわれています(日経産業新聞26面・2004年4月19日)。

--------------------------------------------------------------------------------

■加齢臭対策にDHA

最近では、加齢臭を気になる方が増えており、加齢臭対策ガムが注目を集めました。

この加齢臭対策にDHAが効果的として注目を集めています。

 

NKOサプリメント|オメガ3(DHA・EPA)・ビタミンE・アスタキサンチン

南極オキアミ油(NKO)に含まれるオメガ3(DHA・EPA)・リン脂質・ビタミンE、A・アスタキサンチンなどの栄養を摂りたい方にオススメ。

オメガ3(DHA・EPA)サプリメント

→すりえごまのご購入はこちらから

えごまそばの詳細&ご購入はこちらから