Foodiscoではお客様のご要望により業務用販売も行っております。詳細はコチラからどうぞ。お問い合わせ大歓迎です!

心を込めて対応させて頂きます。

↑↑えごまそばの詳細&購入は
コチラから

    *メディア掲載

      

<長崎県 匿名様>

昨年の年越しそばとして初めて食べてあまりのおいしさにもう一度食べたくて買いに行きましたが売り切れでした。→and more

えごま(オメガ3・αリノレン酸)

えごまのαリノレン酸(オメガ3)でダイエット・メタボリックシンドロームの解消!

テレビで放送された食べ合わせダイエットでエゴマが紹介され人気!
国産すりえごまのご購入はこちら!

■えごまとは
「えごま(エゴマ、荏胡麻)」は地方によって 「じゅうねん」 「あびらえ」などと呼ばれる東南アジア原産のシソ科で春に種をまき秋に収穫する一年草です。

成分はたんぱく質、脂質、繊維、カルシウム、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどが豊富です。
特に、鉄分とアレルギー(アトピー)を予防したり、脳を活性化させるといわれているαーリノレン酸(必須脂肪酸の一つ)が多く含まれています。

α−リノレン酸とは、青魚に多く含まれ、頭をよくするといわれているDHA(ドコサヘキサエン酸)の前駆体です。
このα−リノレン酸が体内でDHAに変化して、脳細胞や網膜細胞に集中して取り込まれるため、脳や網膜に必須の成分といわれています。

リノール酸もα−リノレン酸も人体内では、生成できないため、それらを含む食品を食べる必要があります。

よく間違われますが、「ごま」と呼ばれる植物とは全く違うものです。
えごまは、「芳香と旨味」があり良質の油脂が含まれているので栄養価が高く、「健康食品」としても注目され、古くから自家消費を目的として栽培されているところもあります。

→すりえごまのご購入はこちらから

えごまそばのご購入はこちらから


■オメガ3

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。

不飽和脂肪酸は、その構造からオメガ3、オメガ6、オメガ9に分類されます。
青魚に含まれるDHA・EPAやえごまに含まれるαリノレン酸は、オメガ3に分類される脂肪酸で、この脂肪酸は細胞が正しく機能するためには不可欠なものであることがわかってきました。

オメガ3脂肪酸は青魚をはじめ、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などの食品から摂取できます。

→すりえごまのご購入はこちらから

えごまそばのご購入はこちらから


■αリノレン酸

●αリノレン酸ダイエット

えごまにはαリノレン酸が豊富に含まれています。
アルファリノレン酸は脂肪と混じり合わずに分離するため、体内にたまらず、体脂肪になりにくい油です。
このαリノレン酸を摂ると、体の脂肪燃焼工場であるペルオキシソームが増加し、脂肪を燃焼してくれるのです。

つまり、えごまは自然派ダイエット食品なのです。

オレイン酸やひまわり油、紅花油などに多く含まれるリノール酸は、脂肪と乳化しやすく、体脂肪となって体に蓄積されます。

→すりえごまのご購入はこちらから

えごまそばのご購入はこちらから

●αりノレン酸は体内でDHAに変化。DHAで脳若返り!

α−リノレン酸は体内では作ることができない必須の脂肪酸であり、体内でDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPAに変わります。

DHAやEPAには、血液中の脂質濃度を下げる働きがあり、また脳細胞を活性化させることで話題になっています。
DHAを摂取すると脳の細胞膜が柔らかくなり、脳が活性化(記憶力や観察力の機能もアップ)します!

→すりえごまのご購入はこちらから

えごまそばのご購入はこちらから


■αリノレン酸が脂肪を燃やすのはなぜ?

エゴマに含まれるα−リノレン酸には、肝臓の遺伝子を刺激して、中性脂肪を減らす作用があるということが遺伝子の研究によって明らかになりました。 中性脂肪は脂質異常症や動脈硬化の原因となるだけでなく、下腹につきやすい余分な脂肪に変わりやすいものです。α−リノレン酸は肥満や高脂血症の解消だけでなく、糖尿病や高血圧などの予防・改善に役立つと考えられます。

もう少しα−リノレン酸の働き・効用について説明します。

ここで大事になってくるのが、肝臓の細胞核にある遺伝子である「PPARα」(ピーピーエーアール アルファ)です。「PPARα」は、脂肪をエネルギーとして使うか、蓄積するかを決めて、体の働きを切り替えるスイッチのような役割をしています。

エゴマのα−リノレン酸は「PPARα」に刺激を与えて、「脂肪をエネルギーとして使う」というほうにスイッチを切り替えさせます。

すると、脂肪を分解する肝臓のリパーゼという酵素や、脂肪酸と酸素を結びつけて燃やすベータ酸化系酵素が活性化されます。そして、脂肪が細胞内のエネルギー工場であるミトコンドリアに送られて、脂肪酸が燃やされ、中性脂肪が減少するのです。

また、α−リノレン酸はPPARαと拮抗して中性脂肪やコレステロールを蓄積する信号を出している遺伝子「SREBP1」(エスアールイービーピーワン)に作用して、その働きを抑えることもわかっています。

つまり、エゴマに含まれるα−リノレン酸は、脂肪を燃やしやすく、また蓄積しにくい状態に、遺伝子の働きを導いてくれます。

【参考文献】「健康」7月号、2004年、p82

→すりえごまのご購入はこちらから

えごまそばのご購入はこちらから

--------------------------------------------------------------------------------

■オメガ6とリノール酸

リノール酸は、オメガ6に分類される必須脂肪酸で、主に植物に含まれ、動物はこれを元にアラキドン酸、プロスタグランジン、ロイコトリエン、トロンボキサンなどの生理活性物質を合成します。従って、動物は、食物 (植物および肉類) として、リノール酸を摂取しなければ生存できません。

しかし、リノール酸の必須量は1カロリー%であり、普通に摂取されている米麦、卵、肉類など主食的なものの中に必須量の2倍以上が含まれています。すなわち、普通に食事をしている限り、リノール酸欠乏症になることはなく、現在、平均的な日本人は必須量の6倍以上を摂取しています。これをいかにして半減、あるいは3分の1以下に減らすかが課題となっています。

→すりえごまのご購入はこちらから

えごまそばのご購入はこちらから


■えごま油はテレビや雑誌で取り上げられています。

■エゴマ油やシソ油に含まれるα−リノレン酸にはダイエット効果があると取り上げられました。また、シソに含まれるロズマリン酸も注目されています。(あるある大事典U5月1日放送)

■スパスパ人間学!で大反響だったダイエット食材第2位に「エゴマ油」が選ばれました!

■どっちの料理ショー(2005年11月17日)にて体に溜まりにくい油としてえごま油が特撰素材に選ばれました。

■魚(魚油)由来のEPAやDHAには中性脂肪を低下させる働きがあるといわれています。
(日経産業新聞26面・4/19)えごまに含まれるアルファリノレン酸は体内でEPAやDHAに変化することから、ダイエットに効果があると言われています。DHA・EPAについてはこちら。

■「おもいッきりテレビ」(5月7日放送分)では、えごまが「血管をしなやかでキレイにする新常識」というテーマで紹介されました。また、2006年2月13日にもえごま油が取り上げられました。

■『健康』7月号に「エゴマに含まれるα−リノレン酸が肝臓の遺伝子を刺激して下腹についた脂肪を燃やす!」として紹介されています。

■あるある大事典Uでエゴマ油(シソ油)が取り上げられました!

→すりえごまのご購入はこちらから

えごまそばのご購入はこちらから


■エゴマの健康効果

1.α-リノレン酸が豊富

現在、リノール酸の多い食事が生活習慣病につながっているといわれており、リノール酸の摂りすぎは、最近の専門家の調査によると、心筋梗塞や脳血栓、乳がんの発生を助長するということが分かってきています。
リノール酸の摂取を減らしリノレン酸を多く摂取して生活習慣病を予防するためには、えごまはなくてはならないものです。
α−リノレン酸には人体の血液中の脂質濃度を下げる働きがあり、学習能力の向上や視力の高度保持にも不可欠であるといわれています。
α−リノレン酸は人体内では作ることができない必須の脂肪酸であり、生体内でEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変わります。EPAやDHAには、血液中の脂質濃度を下げる働きがあるといわれています。

→すりえごまのご購入はこちらから

えごまそばのご購入はこちらから

2.ルテオリンが豊富

えごまにはルテオリンというポリフェノールも多く含まれています。最近では食生活の変化などにより、体内に活性酸素が増加しやすくなり、心疾患など酸化が原因による疾病も増えていますが、ルテオリンは活性酸素の生成を抑制する作用(抗酸化作用)があり、こうした疾病を予防する働きを持っています。この抗酸化性により、花粉症やアトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー性疾患に対してもよい影響を示すと思われます。また、ルテオリンはアレルギーにいたる酵素作用を阻害するのではないかともいわれています。

→すりえごまのご購入はこちらから

えごまそばのご購入はこちらから