「10歳までにどれだけ遊んだか」でアタマの柔らかさが決まる

 

http://diamond.jp/articles/-/118227

頭の柔らかさは「遊び」で養われる。

これ大きく同意。

10歳までにどれほど遊んだか、子ども時代に想定外のことにどれほど対処したかが大事なんです。

よく対談やシンポジウムでご一緒する「花まる学習会」の高濱正伸代表とも完全に意見が一致するのですが、遊んでない人材は伸びない。

 子どもの頃に遊んでいない人は発想が豊かじゃないから「伸び代」がないんです。

最近、塾の勧誘がとても多くなった。

わたしは塾とか行ったことないし、必要性を感じたこともなかった。

小学生なのに、家に帰って宿題と塾?

なんで? 遊びはいつやるの?

昔と違って子どもたちは多忙で、仲の良い友達でも

放課後に遊べるのは1週間に一度くらい。

うちは旦那が昆虫や川遊びが大好きで

子どもたちは小さい頃から虫も魚も何の抵抗もなく触る。

夏のわたしの役目は公園へ行って子どもたちを見守ること。

虫かごと、虫取り網を持って公園を右へ左と走り回る姿はとても誇らしい。

そんな格好で公園に来るなよ、それで子供を叱るな、バカ親!

結構前になると思うけど、

公園に遊びに行くと小さな子供が母親にすっごい叱られていた

叱るというより、怒鳴る。

どうしたんだろうと気にかけていると(声が大きいから聞こえてくる)

どうも洋服を汚したことをすごく叱っている。

「だから、きをつけてって行ったでしょ!なんでそこに入っちゃだめって言ったのに行ったの?

もうお洋服ドロドロじゃない、これ取れなかったらどうするの?

すごく高いんだよ、あーーもうやだ」

こんな感じを延々と叱っている。

子供は汚すのが仕事って習わなかった?

そんな3,4歳の子供に汚すなっていうほうが難しいでしょ、どう見ても。

だから、GUとかUNIQLOに行きなさいよ、

たかが洋服ごときでそんなに子供に叱って、同じ母親としてこっちが恥ずかしい。

人の子供だけど、その子が気の毒。

遊んだらママに叱られるって、これで母親といい関係は作れないですよ。

自分だって思い切り遊びたいときあったでしょ?

ものが溢れてしまって、豊かなはずなのに感じる欠乏感は何なんでしょうか。

最近、いい大学を出ているはずなのに残念な人が多くて

目標をどこに定めたらいいのか思案中です。

大学ってなんだろう。

学ぶってなんだろう。

賢い人になって欲しいのか、いや、そうじゃないですよね。

自立したときにちゃんと自分の頭で考える大人になって欲しい。

考えると言っても固いのはだめ、柔らかく

その場の状況分析ができて、

どんな環境にも適応し、人生を謳歌してほしい。

私がほしいのは偏差値ではない。

人間力。

学歴で人を見られることが多いけど、

学歴で人をみるやつはそれだけの人間ってことです。

そろそろ夏休みのスケジュール決めないと。
最近大手の旅行会社が残念でしたね。

わたしの友人もひっかかっちゃいました。
旅行ってみんな楽しみにしているから本当にだめ!
その点楽天トラベルは安心。

ポイントも消化できるし、楽天カードで支払えば
またポイントがつくという・・・。
是非見てみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です