2018年 どんな年にしましょうか。

NO IMAGE

皆様、明けましておめでとうございます。

大晦日は様々な過ごし方があると思いますが、

お仕事されていた皆様は本当にお疲れ様でした。

昔は1月7日までお店が閉まっていた時代もありましたが、

365日24時間OPENが一般的になった今、

それでもようやく1日はお休みのお店も増えてきて

人間らしい休息がとれているのかもしれないと思うと

せめて日本中が1/1〜3日まで(さんがにち)はお休みでもいいわよねと思っている次第です。。

(そのためのおせちなんですけどね)

 

昨日の紅白歌合戦ではメンバー

ウッチャンナンチャンのウッチャンの総合力が高く評価されていました。

(※うちはこどもたちはゲームセンターCXを見ていたので見てません・・)

この場を仕切る力って定量(数値)で表せませんよね。

ウッチャンのキャリアから裏付けされた評価でもあると思いますが、

編集と生放送では、

生放送のほうがより土壇場力を求められます。

本番への強さが必要ですね。

ツイッターでもざわつきましたが、

欅坂46のメンバーとウッチャンとのダンスにおいて

あまり時間を置かないで難易度高いハードなダンスをしたためか

欅坂46のメンバーの女の子が過呼吸で倒れてしまったということがありました。

特にセンターの女の子は顔を伏せていましたが、

無理をしているのは隠しようもなく、

途中でウッチャンが「大丈夫?」と声をかけたシーンが

アップ動画で全国へ放送される事態となりました。

やりとげた欅坂46の女の子も素晴らしかったですが(ゆっくり休んでね)

批判を浴びそうな演出にも

ウッチャンがまるっと締めたことで、

彼女たちの努力が報われたようにもわたしには見えました。

賛否はいろいろあれど、

紅白歌合戦へ向けて努力をしてきただろうし、

最高の演技を披露したかっただろうし、疲れた姿をみせたかったわけでもない。

自分たちが倒れたことで、協力してくれた人たちが批判されることが

彼女たちには余計に辛い仕打ちとなったことだと思います。

そこをちゃんとウッチャンが彼女たちの状態を把握し、

最後まで演技を全うしたことで、みんながほっとしたんだと思います。

ウッチャンのすごさは

ウッチャンが画面(そこに)にいれば、どうにかなるという安心感ではないでしょうか。

 

わたしも微力ながら、

私といたら面白い、楽しそうだ、そんな仕事ができたらいいなと思っています。

これからは、

数値では表せないが、なんか一緒にいるととても”いい♡”

こんな力が未来を切り開いていくでしょう。

 

さぁ、ルーチン業務は技術に任せて

わたしたちは自分たちにしか出来ない未来を一緒に創って行きましょう。