【備忘録】 重曹うがい

 

重曹うがいというのが効果的というのをみかけて

真偽はまだよくみていないのですが、

備忘録的に残しておきます。

重曹うがい、これからやってみます。効果がでるといいな。

継続してまたお伝えしますね。


“これはすごい”重曹うがいの絶大な効果で歯医者いらず

http://matome.naver.jp/odai/2138303450248033801

重曹うがいは、歯磨き後に重曹を溶かした水でうがいをすること。予防歯科開業医のサイトでは、重曹うがいの臨床の結果、PMTC(歯科医・歯科衛生士による歯のクリーニング)+フッ素塗布でも進行を阻止できない初期の小窩裂溝ウ蝕(虫歯)に著効と言っても良い効果が現れたそうです。

重曹は、弱いアルカリ性の食品添加物なので口に入れても危険はありません。ベーキング・パウダーとしても売られていますが、重曹にデンプンを添加しているので、添加なしの「食品用重曹」がオススメ。

というのも、うちは子供が小さい頃から虫歯が多くて

本当に悩んでいました。

気持ち的にいうと、

なんで?また虫歯?ちゃんと歯磨きしてるのに?これ以上どーすればいいの?

小さいころに主人が口で冷やした食べ物を子供に渡していましたが

旦那が虫歯菌を移したんだーーーー(怒)と歯医者で虫歯を指摘されるたびにイライラしてました。

ある歯医者さんでは

「そろそろ仕上げ磨きをしましょうか」といわれたのですが、

「!。。。。先生、毎日ちゃんとやっています。キシリトールもフロスも」

「。。。やってこれか。。。たまにいるんですよね。。」

先生曰く、子供だけに歯磨きをさせて仕上げ磨きをしていない子クラスの

虫歯度合いだったそうです。(当時4才くらい)

また、別の歯医者さんの講義を聞く機会があり

「子供の虫歯については子供のもつ遺伝子というか持っているものがある」

「子供だけに徹底は難しいとおもうけど、食事をしたら歯磨き、うがい、キシリトール」

「これを徹底するしかない」

「歯磨きしなくても虫歯にならない人もいる」

「お母さんたちのせいではない、自分を責めてはいけません」

そう言われた時に本当にホッとしました。

治して虫歯にならないように苛々するよりも

できることをやって、

子どもと歯医者さんとうまく付き合っていこうと考えました。

それから、小児歯科を探して、とても良い先生に出会うことができ

ようやく2ヶ月検診を続けるところまできました。

虫歯がない子をみるとちょっと羨ましくなりますが、

重曹うがいはよさそうなので、予防歯科に取り入れたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です