授乳で痩せる② 〜食事編〜

母乳育児で授乳すると痩せる!

 

授乳で痩せる①→http://foodisco.com/blog/archives/2323

体重の戻りが早い!のも間違いありません。

わたしが母乳育児をする上で助産師さんなどに聞いて

心がけたのは以下の言葉です。

  • 母乳は甘いものを食べると苦くなり(まずくなり)
  • 苦いものや根野菜を食べると甘くなる(おいしくなる)

妊娠中にかなり制限をしてたので、

産んでからも制限があるのかよと残念に思いましたが、

赤ちゃんが美味しい母乳を作ることが母親の仕事ですから、

がんばれました。

しかも、永遠じゃないです、高々1年か2年のことですよ、所詮。

食事は基本和食、オンリーです。

特にわたしは便秘気味だったので、繊維がたくさんあるものを選びました。

例えば、

きんぴら各種

ひじき

切り干し大根

などです。

これにお味噌汁をつければおそらく最高クラスの母乳になります。

あと大事なこと!

とにかく水を飲みましょう、白湯でもOKです。

母乳中はカフェインはご法度です。

母乳にカフェインが混ざるとかで、赤ちゃんが寝なくなったり、

夜泣きしたりするそうなので、注意が必要です。

赤ちゃんが寝れない=お母さんも寝れないにつながります。

わたしは母乳がたくさん出るという話を聞いて、

たんぽぽ茶を愛飲しておりました。

効果のほどはどうでしょうか(^^;)

たんぽぽコーヒーとも呼ばれておりますが、

コーヒーの味はしないですね^^

でも香ばしくてお好きな方は好きな味です!

お母さんの食べるものが母乳となって赤ちゃんに届くので

ここは我慢です!

早いお母さんだと半年で断乳する方もいるので、早い人は半年頑張ればいいですよ。

①でも書きましたが、

母乳育児が落ち着くのは早くて初産で多分1ヶ月から2ヶ月。

毎日何度も授乳するので3ヶ月あれば母乳だけで十分やれると思います。

つまり体重は2ヶ月くらいからどんどん落ちてきます!

ご飯を毎日5合食べてもどんどん痩せていきます。

体重計に乗るのが楽しかったですもん♪

わーいわーい。

ね、やる気になりました???笑

わたしはいわゆる完全母乳育児なのですが、注意点も幾つかあります。

それについては③でお伝えします。

わたしが母乳育児を選んだわけ→http://foodisco.com/blog/archives/1311

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です