つけまつげの付け方 #アイラッシュ #howto

わたしはお化粧が好きですが、

どんどんナチュラルな化粧品に移行しています。

ファンデーションもアイメイクもリップもたくさんいいものがあるのですが、

マスカラは課題です。

ナチュラルなものは落ちやすいです。

わたしもつけまつげを考えなかったことはないのですが、

本当に無精で顔をよく触る割に鏡をみないので

気づいたらほっぺにまつげが。。。なんてことが軽く想像できて出来ていませんw

先日、友人に久々会ったところどことなく印象が違うので

なにかと思ったらつけまつげをしてこなかったと。

コンタクトをつけると目の調子が悪く、ついでにしてこなかったんだと。

「うーーーん、さすがに印象が変わるな」

「そんなに?」

「それが自然なんだろうけど、ずっとつけまつげありの顔しかみたことないから、

どうしても別人並みの違和感があるよ」

「目の印象って強いのね」

こんな会話をしました。

キャスターオイルなどで普段のまつげまゆげケアをしつつ

すっぴん目もキープしながら、

つけまつげはほどよく自分の楽しみとして使っていくのが吉かと

考える今日この頃です。

 

 

 

使ったことがないのでどれがいいかわからないのですが、
最初は絶対失敗するので、練習用として数が多いものを買うのはいいかもしれないですね

さぁ、GWが近づいてきましたーー。
友人は3日有給をいれて10連休を作ると言っていました。
それを許してくれる会社でよかったですねーー。
子どもたちとどこへ行こうか毎日話しています。
春のお花がたくさん咲いてわくわくです。

メイクアップ 目元はブラウン系が簡単

今回ご紹介する動画は

メイク手法もしかりですが、シンプルなカラーリングがおすすめです。

海外の動画は豪快にいろんなところを隠してくれて

無駄が少なくとても好きなのですが、

メイクだけじゃなく洋服や髪型まで入れた全体バランスを考えると(骨格とかも)

ちょっと派手すぎるものがおおい。

今回の動画のアイメイクのカラーなどは

これから春先に向けてとても顔が映えると思います。

わたしもアイライナーはペンシル派ですが、

暖房で目の下に落ちないかどうかをまず一日テストするほうが無難ですよ。。

ちょっと汗をかいたあとに鏡をみると

パンダ目!!!! よくあります。

ただ、

まったくアイラインが落ちないやつも何が入っているんだかわからない怖さもあります。

落ちないって。。。(笑

メイクはするほうよりも落とすほうが重要です。

楽に落とせるのはそれだけ負担がかかっていると考えていいですし、

雑にやると、

色素沈着を起こします。

どんなに疲れていても、メイクはきちんと落としましょう。

↑歯ブラシ型ブラシというのが注目ですね。

賛成!リップの色は 超ヌーディベージュか真っ赤の2択! #mi-mollet

リップの色は
超ヌーディベージュか真っ赤の2択!

http://mi-mollet.com/articles/-/7182

わたしもほぼ一緒です。

正確にいうと、超ヌーディベージュかツヤのあるクリアグロス。

赤もツヤがあったり、マットだったり、ティントタイプもいいかな。

海外のメイク動画を何度もご紹介していますが、

みんなバシッと口紅もつけますよね。

仕上がりとしてはいいのですが、

現実的に飲み物をしょっちゅう飲んだりすることを考えると

どうしても赤を避けたくなります。

口紅が取れた感じが、セクシーではないのでね(笑

赤をつけるときは口紅を塗り直せる時間がある用事の時、とわたしのルールがあります^^

 

①アイメイクをしっかりした時はヌーディ系、クリア系のリップにする

②メイクをあっさりして(例えばメガネをかけるとか)仕上げるときは赤いリップで引き締める

 

この2パターンを守るだけで、考える時間が減ります!

この辺りは怠けではなく鉄板のMYTIPSです。

ボーダーとメガネと赤リップ。
寝坊した朝の味方

http://mi-mollet.com/articles/-/3573
→大草さんも困ったときの処方箋をお持ちのようで
こういうマイスタイルをきちんと持っていると、飲み過ぎたり食べ過ぎたり夜更かししても
自分にがっかりしないと思います。

わたしたちだって女だけど人間ですからね。

たまには手抜きというか手加減をしないといっぱいいっぱいになっちゃいます。

ただ、個人的にはメイクはやはり似合う色味とそうでないものが存在します。。。

若い時は若さで乗り切れたものが、

これは似合うはず!と押し切ると明らかに自分を下げてしまう。。。こともあります。

似合わなくなったことをネガティブに捉えずに、今の自分を見つめてしっかり現実を認識した上で

何が自分に似合うのかを見つけましょう。

 

http://foodisco.com/blog/archives/2308

 

変なポジティブ思考ではなくて、今を知って前にススム!です。

しっかり受け止めて自分の新しい処方箋を作っていきましょうね〜

 

余談ですが、素敵な大草さんのご主人様。かっこいいなぁ。
ルックスも!ですが、なんというか醸し出す雰囲気がセクシーでCUTE♥
わたしの旦那に見せたら、これはずるいな、比べないでくれ(笑 と言ってました^^

花輪くんみたいな夫。 #tomorrowland #肉色の素敵なニット #ネックレスはブラジルで買ったもの

Naoko Okusa_officialさん(@naokookusa)が投稿した写真 –

メイクアップ ヒカリと影をマスターする

今回のこのメイクで見て欲しいのはおでこのところにいれる影の入れ方。

メイクをするときの自分へあたっているヒカリの加減もあるけれど、

陽の光に当たると、

想像と違って見えている時もあるので注意。

この影をマスターすると小顔に見えます。

そして、ヒカリを入れることで陰影をつけ、メリハリの有る顔立ちになります。

あの人達なんていうんだったけな。。

りちゅえる?なんかほっぺピンクの人たち。

ほっぺだけピンクのギャルいますもんね。

あれって流行りなのかしら?

若い時はいいのか、あれで。。

自分の好きな洋服のスタイルやも考えてメイクはするようにしましょうね。

わたしはとにかく今年は陰影、メイクのヒカリと影押しです。

時短メイクができるよう日本で購入できるアイテムもご紹介していきます!

 

ベースメイク ハイライト&陰影の入れ方

最近このメイク手法に凝っています。

粉をたっぷりつけるとその時の仕上がりはきれいなのですが、

老けて見えるかなと思って敬遠していました。

今日思い切ってちょっとお高いお粉を使って動画のように目元にたっぷりとお粉を叩いてみたところ

いつもよりもお化粧が綺麗にのっていました。

最近スキンケアも実験をしているので、

どっちが効果があったのかは微妙なところですが、

目元を作ってからベースメイクを仕上げていく方法はとても簡単で

且つ、陰影があってメリハリのある顔立ちが簡単に出来ます。

今回ご紹介したメイクも影の入れ方、目の下のメイク方法、ぼかし方

ハイライトの入れ方などとてもわかりやすいと思います。

海外の動画ではメイクブラシやぼかす卵型のスポンジを多用していますね。

わたしも使用していますが、これを使う使わないでは雲泥の差でございます。

個人的には固めが好きです。

お値段も手頃でご自身にあった道具を試してみてくださいね。

歯ブラシ型のメイクブラシは購入して使用してみたいとおもいますーー。


おすすめメイク #メイク #make up

今回の動画も先日お伝えした目から仕上げるメイクです。

差し引きを間違わなければ、オフィスメイクにも十分通じます。

今回ご紹介したのは、

モデルの彼女は赤ら顔っていうのかしら?

ちょっと素肌が赤いところがあってそこをまずファンデーションで整えてから

目のメイク→影をつくる→ヒカリを入れる

この工程を踏んでいます。

日本ではナチュラルメイクをおすすめしますが、

モデルさんはみんな肌が綺麗だし、

そりゃ、日焼け止めとお粉しか使いません、やっぱり保湿です!!!!とか言いますよ。

その言葉を一般人は真に受けてはダメです。

素地が違うのに日焼け止めとお粉ではテッカテカかドスッピンで街を彷徨いますよ。。

みんないろいろアラがあるでしょうよ。

毛穴とかニキビとかニキビ跡とかシミとかしわとかさ。

肌にいいこともとても大事なことだけど、肌によくて綺麗じゃないとね。

それは多分、安物の化粧品では無理だわね〜。

 

おすすめのマスカラ

 

わたしのお気に入りのメイクアイテムはまた別の機会にお伝えするとして

マスカラだけ。

オーガニックのメイク商品も増えてきましたが、

なかなかマスカラは一日耐えうるものにまだ出会えていません。

そのため優先されるのはお湯でオフできることです。

わたしはマスカラはビューラーを使いません。

40代になるとクリンとしたまつげよりもスッと伸びたまつげの方が「っぽい」とおもっています。

ご紹介するのは「ロレアルパリ ダブルエクステンション」(赤) です。

ロングタイプのマスカラで下地とマスカラが一緒になったタイプで、

この1本で、ちょっと目元寂しくない?とはおさらばです。

マスカラもどんどん新商品が出るので、たまに浮気しますが、

この商品に毎回戻ってきます。

新商品が大好きなわたしはあまり何度もリピートってしないのですが、

これは自信をもってオススメできますよ。

 

 

先日ご紹介したメイクはこちら。

そばかすがきれーーーーいにカバーされています。

http://foodisco.com/blog/archives/2245