カルビー会長が説く今すぐ学ぶべき3分野

尊敬するカルビー松本晃会長。

一度雑誌のインタビューを拝読してから、お名前が出ていれば必ず目を通している経営者です。

http://news.livedoor.com/article/detail/13201131/

■偉くなりたいなら本を読みなさい

偉くなりたいとは思いませんが、面白い仕事をしたいとは思います。

松本会長は大企業は上に行かないと面白い仕事は出来ないと断言されており、そのために偉くならないとやりたいことは出来ないよと常々インタビューでも答えていらっしゃいます。

会社で一番面白い仕事ができるのはトップです。とくに大企業は、偉くならないと本当に面白い仕事はできません。

トップになる条件は、ジェネラリストであることです。ジェネラリストはエキスパートではないので、何でも詳しいというわけではありません。しかし、基本的にわからないことがあってはいけません。そのためには自分で学ぶしかないのです。

ここのあたりもとても共感するところです。

すべての分野において詳しくある必要はないがわからないことがあってはいけない。よく「そのあたりはわからないんで〜」と濁す方いますけど、
まず自分で調べたのか?と思います。知らないと相手の言うままに話が進んでしまうので、自分でイエスノーが判断できるくらいは学びます。

自分が勉強したなりの回答を持つことは大事と思います。

実際の仕事で学ぶと同時に、多くのことを本から学びました。とにかく面白そうな本を買ってきて、手当たり次第に読んでみるのです。面白くなければ、捨てればいいのです。ただ、私の場合は面白くても読み終わったら本は捨ててしまいます。捨てるからこそ、真剣に読むのです。

私の本の読み方にはルールがあります。まず30ページ読んでみる。そこで面白いかを判断します。面白くなければゴミ箱行きです。よく読むのは、経営に役立つような本です。新聞も雑誌もいいとこ取りです。目を通せるものは、すべて目を通します。とくに本や雑誌はそれほど高いものではないので、どんどん買えばいい。経験が増していくと、パッと見て「これ、面白い」とすぐにわかるようになります。

本はとにかく物量も大事です。

良い本とだめな本を判断できるようになる物量が大事。

どなただったかの本に(本を読むための本がわたしは大好きです)
1500円くらいだったら躊躇なく購入せよと書いてあって、昔は1,000円以上するとためらっていましたが、今は1500円くらいまでなら躊躇せずに購入できるようになりました。

金額よりももったいないと思う心のハードルをクリアできたように思います。

■今すぐ学ぶべき3分野

では、何を勉強すればいいのか。私が必ず必要だと思うのは、リーガル、英語、会計(アカウンティング)の3つです。この3つだけは外せません。これらの基本的なことがわからなければ、これからのビジネスにおいて経営者は生き残ってはいけません。

むろん法律のすべてを勉強しろというわけではありません。しかし、コンプライアンスについての知識や、製品の欠陥などリコールの問題が起きたときなど、経営者が知っておくべきことがたくさんあります。また、法律を勉強する際には、どういう意図でつくられたものか、いわば、“法律の心”を知らないと会社の経営はできません。

英語は、一気に上手にならないものですが、ツールですから、なくてはならないものです。下手は下手なりにでも使えればいいわけですから、不自由しないレベルで身につければいいでしょう。

会計は最低限、財務諸表が読めるレベルは必要です。私は農学部出身でしたから、新卒で伊藤忠商事に入社したとき、貸方、借方、バランスシートや、損益計算書などが全然わからず、徹底的に勉強しました。最初にある程度のところまでしっかり勉強したら、一生使えます。

法律も知らなかった。。。では経営者は成り立ちませんよね。

もちろん、そのための弁護士、司法書士、会計士とかになるのでしょうが、
これもちゃんと仕組みを知っておくことはとても大事ですね。

なにせ経営者は判断するのが仕事ですから、信用のおける人間を見極めできるかということも大事かもしれません。

英語はもちろんのことですが、バランスシートや損益計算書は一度学ぶとずっと使えます。その知識資格(簿記)を仕事に使えなくても、無駄ではないです。

諸表を読むのが楽しみになったりします。

経営者になろうと思ったら、一番基本的なことがわかっていなければならないのです。経営者になることそのものは、それほど難しいことではありません。しかし、成功するのはやさしくない。成功を継続させるのはもっと難しい。ただ、経営は必ずしも難しいことをやっているわけではない。基本ができていれば、どんなことでも対応できるのです。

当社では、相談役の松尾雅彦さんが名誉塾長、私が塾長の「松塾」という勉強会を定期的に開催していますが、若手社員には、よくこういう話をしています。「会社という組織を成長させようと思えば、投資をしなければ絶対によくならない。個人もよくなろうと思ったら、投資しないといけない。その投資とは何か。それは学ぶことだ」と。人生で一番大事なことは学ぶことじゃないでしょうか。

経営者だろうがなかろうが、

人生で大切なことは学ぶこと。

学ぶことが最大の投資。

今日の名言でしたーー。

 

「退屈」と、「がんばる」と比べる

みなさんはどうでしょうか。

「退屈」と「がんばる」ではどちらが楽でしょうか。

わたしは断然がんばるが 楽派 です。

 

退屈って時間が無駄じゃないですか?

時間は誰にでも平等で多くは出来ないのに

その限りある時間の中で 「退屈」 って

これほど辛いことはないです。

以前

わたしもある仕事でとてもとても詰まらない業務がありまして

はぁ、あとどれくらいしたら休憩かな?と思ったら

(個人的には1時間は過ぎていたかと感じていた)

時計を見ると

なんと10分しか経っておらず、

2度見しました。

嘘でしょ??まだこれしか経っていないの?

あんな経験二度とごめんです。

その反面、頑張ることは自分でどうにか出来ます。

さっきの退屈なしごとをするよりは

絶対楽だとおもう。

糸井重里さんすごいな。

日本人はどの国よりも職場への不満が多く、エンゲージメントが最低

日本人はどの国よりも職場への不満が多く、エンゲージメントが最低

4月に入り新入社員が期待と不安を抱えて仕事人生をはじめました。

始めたばかりなのに

すでにTwitterでは「もうやめたい」「辞表を出した」なんて

ツイートが賑わっています。

新入社員が2日で辞めたという報告続々 「イメージと違う」「研修費用2万請求された」

入社2日で何がわかるんだよって思う気持ちもありますが、

長いようで短い人生の間に合わないとおもったらスパッとやめれる

ある意味仁義なき生き方も羨ましくもあり。

そして、現在の日本の会社員の会社満足度はというと

日本人はどの国よりも職場への不満が多く、エンゲージメントが最低

だそうです(笑)

本当に内容も悪いんですよ笑

職場環境満足度に関わる調査結果を紹介しよう。オープンな執務スペースで仕事をしている割合は、世界平均は23%であったのに対して、日本は78%と非常に高かった。島型対向式レイアウトが日本では一般的であることが影響しているようだ。オフィス外で仕事をする機会が全くない割合は、世界平均は55%に対して、日本は94%と非常に高い。オフィス外で仕事をする機会もなく、就業時間中はずっとオープンな執務スペースで常に同僚からの視線を感じながら働いているという日本の職場環境は、確かに満足度が高くなりにくいように思われる。

エンゲージメントに関わる調査結果については、「仕事に行くのが楽しい」や「自分の会社を推奨できる」といった項目に肯定的な回答をしている割合は著しく低い

http://blogos.com/article/214552/

ね、すごいでしょ。

島型対向式レイアウトが一般的で全体的にオープンな環境。

オープンといえば聞こえはいいものの常に誰かの目に晒されているとも言える。

そして、一般事務などはおそらくオフィス外で仕事をする機会はほとんどない。

自分の会社に行くのは楽しいわけでもなく、自分の会社を推奨出来ない人ばかり。。。

自分の子供を自分の会社に通わせたい?

確かに

友人でも有名企業に働いている友人も多いが

例えば、

自分の子供を働かせたいかと聞くと

一様に「行かせたくない」と答える。

つまりは、自分の会社よくないと思っているか

自分の人生と違う生き方をしてほしいから?

いや、どう考えても前者だろうと思う。

一方、数値で高かったのは同僚との連帯感で52%ほどだったらしいが、

それも世界の平均値76%を大きく下回る。

一番よいと思われる数値が世界平均の20%も低いとは・・・。

狭いオフィスが多い日本ではオープンな感じにしないと窮屈感がすごいだろうとは思うけど、

それでも、オープンにすることで人の目が気になり、

連帯感さえ、半数の人間が賛同してないのが現状。

何か楽しくて仕事には行ってないな。

生活のため、お金のために楽しくもない仕事をしに職場に通っているんだなぁ

と思うと新入社員が2日でやめたことを責めるより

よりよい人生を送ってほしいと願わずにはいられない。

子供を持つ親としては、

日本よりも日本以外にも選択肢があるよと伝えていかないとだめだと感じました。

みなさんはどうでしょうか。

このあと◯日で旅行だ!というのが
自分の楽しみです。
子供を持つまでは次の休みが待ち遠しいとか
なかったのですが(仕事人間だった・・)
今は本当に待ち遠しい
明らかに旅行行ったら元気になるし楽しい。
楽天は楽天ポイントが使えるので、
貯めておくととっても便利だと思います。
是非みなさん旅行へ行きましょう。

1億円を貯めて31歳でリタイアした女性からの助言

仕事に縛られなければ生活費は安く済む。1億円を貯めて31歳でリタイアした女性からの助言

「みんな意識していないと思うけど、わたしたちは『働くため』にたくさんのお金を使っている。わたしはそこに気づいたんです。毎日の通勤にいくらかかる? プロフェッショナルに見える服装とそれをクリーニングに出すお金は? 子供のいる人たちは託児所などにいくら出費しているの?」

シェン氏はトラビ氏にそう説明し、「その立場にならないと実感できないけど、仕事に関する経費がなくなれば、生活コストは下がるんです」と続けた。

(女性が結婚して子供がいてフルタイムのホワイトカラーで働いていると仮定します)

わたしも常々思っていました。

働くことでお金がかかっていると。

例えば、デニムとTシャツでオフィスに行ければ(スーツをやめれば)

その費用はいらない。

そして、スーツやコートのクリーニングもいらない。

やっぱりずっと同じスーツというわけには行かないので

(特に女性は)

毎シーズン何か買い足します。

靴も結構お金がかかります。

ヒールって足が痛くなるし、走れないのに

きちんと感のために履く。

これがスニーカーで良ければ1,2足ですむはずで、足も快適。

靴に合わせて靴下ストッキングと用意しなくちゃいけない。

見た目をキープするのに美容院も行きますよね。

バッグとかもファッションに合わせて買いますよ。

うーーーん、これだけ考えてもとてもお金がかかる。

食費もかかると思うんですよ。

家にいれば主婦だと夕飯の残りとかで昼食を済ませることができるのに

お弁当を作らないと外食代がかかります。

水筒を持参しないと飲み物代がかかります。

以前月のお小遣いが1万円という男性がいて

それを聞いた独身の友人が

「俺、今日コンビニで朝飯と飲み物、タバコ買って1400円くらい払っています」

「どうやって生活するんですか?」って真顔で聞いてました(笑

これが独身の朝ごはんですけど、

 

ランチを1000円と仮定すると+飲み物2回購入=1200円

1200円☓20日=24000円

交通費や付き合いの飲み代、洋服代、靴代、美容院代、

いろいろ考えるととってもお金がかかります。

これを交通費を除く月3万円(仮定)の中でやりくりするって至難の技です。

仕事が忙しいとお惣菜を買う回数も増えるので

家の食費も加算されるんですよ。

これが専業主婦なら食費は料理の工夫や腕でカバー出来ることもあるかもしれないですよね。

もちろん、この記事の女性は1億円の原資を元にいろいろと投資をしたり

お金を活かしているとは思いますし、

そもそもどうやって1億貯めるんだよ!という疑問は尽きないのですが、

働くとその分お金がかかるということには概ね賛成ですよというお話でした〜。

 

 

 

わかっちゃいるけど、知らないふり #気遣いとは

「早番、全員が把握してる?」 毎朝行くコンビニで気付いた、ちょっと恥ずかしい話

http://grapee.jp/290047

 

このお話は多数の皆さんがどちらの立場も経験されたことがあるのではないでしょうか。

毎日通う道なり、通りがかりのお店。

特に毎日カフェインが必要な方はコーヒーショップなど、

銘柄が決まっている方がほとんどではないでしょうか。

あまり悠長にメニューを見ている時間はないですよね。

記事にもありますが、

毎日同じものをほぼ注文するとして、

それを知ってくれていて、申し送りして手早くしてくれるのはありがたいのだけど、

たまに変えたい時とかこっちが気遣ってしまう。。

それはサービスとしては過剰ですね。

ファミレスでの常連

主人とあるファミリーレストランのモーニングに言った時のことです。

全国にあるチェーン店で店内は結構賑わっていましたが、一人でフロアを回していました。

ほぼモーニング目当てのお客様ばかりなのと

ベテランさんのようで手際もよかったのです。

わたしたちも注文を終えて待っていた時に

ある初老の方が来店して「いつもの」「承知しました」

という会話がありました。

わたしは気にしませんでしたが、

主人が「個人店ならわかるけどさ、ここチェーン店だぜ。それでいつものって。。。すごいな」

個人店はお店側がほぼ同じ人なのでこの会話もわかりますが、

チェーン店はシフトもあるでしょうし、毎日多くのお客様が来店されます。

その中での常連の会話がとても違和感があったようです。

常連の対応をしないことがサービス

そんな会話で思い出したのが、

むかーーし、接客業をしていた頃。

どんなに慣れたお客様でも初めてのように対応しなさい。

特にお客様にお連れの方がいらっしゃるときは。 と注意を受けました。

お客様の状況がわからないので、

常連だとバレるほうが厄介なときもあるからというのが理由でした。

もちろん、逆のお客様もいらっしゃいます。

常連の店であまりメニューもみないで気軽に過ごしたいかもいます。

さきほどの初対面のふりをするというのはとても記憶に残っていまして、

あるお客様が来店されました。わたしが知っている中では

知らないお客様との来店でしたので、

あたかも初めてのような対応を心がけました。

その後にそのお客様に呼ばれてとても感謝されました。

「さっきは常連だとわからないようにしてくれてありがとう。

突然来ることになったんだけど、知っている店があまりなくて、

でも、あまり自分のテリトリーを知られるのも嫌だったけど、

初めての店に行くには困る相手だったんだ・・・。ありがたかったよ。

今度、また来るよ」

と言っていただきました。

嬉しかったですね〜。

サービスしないこと、知らないふりをすることで本当に感謝された!

良かれと思っていつもご贔屓ありがとうございます。。。というのはあります。

いつものメンバーでいらした時はそれでいいと思うのですが、

顔ぶれが違うときは慎重に扱ったほうがいろんなことに対応出来る

サーブする側はいつもどおりに対応すること、普通にすることが

最高のサービスなのかもしれないな・・・と思った体験談でした。

もちろん、いろんなシチューエーションがあるので、

それを見極めるのも経験値だと思います。

転勤が弊害になる #結婚 #子育て #介護

「転勤」めぐる実態調査、“結婚・育児・介護がしづらい”

以前もある一定のお仕事を除いては転勤はブラックになるとブログで書きましたが、

http://foodisco.com/blog/archives/2053

若者だけでなく、

多くの人がそう感じているという回答が得られたようです。

転勤によるワーキングママのワンオペ実態も書きました。

http://foodisco.com/blog/archives/1986

厚生労働省もワークバランス推進のため企業向けのガイドラインを設定するのだとか。

記事によると

転勤によって「結婚がしづらい」と感じている人が、およそ3割に上ることがわかりました。

また、「子どもを持ちづらい」と感じている人は男性でおよそ3割、女性でおよそ5割に上ったほか、「育児がしづらい」と答えた人が半数以上、「介護がしづらい」という人は7割以上でした。

子供の5年という時間

知り合いのご夫婦は

お子さんが小学5年生の時に転勤。

ちょこちょこ動きながら地元へ戻ったのは5年後。

お子さんは高校生になって、普通のコミュニケーションも難しくなっていました。

女房子供のために頑張ってたはずなのに、

受験を一人で戦ったお母さんは

頼る人がご主人ではなくなってしまい、

ほぼ家庭内別居となってしまったそうです。

月に一度帰るといっても、月の殆どは家にいないわけですよ。

受験で子供の人生が左右するときもありますよね。

子供だってその時期は思春期ですし。

男親だって子供に会いたい

転勤ってなると男性がほとんどですよね。

転勤って命令なので、断ると出世街道からは外れます。

サラリーマンってそんなもんです。

うちの旦那も会社の命令は従うべき!というタイプでしたが、

子供が出来てからかなりの子煩悩になり、転勤や残業に対して疑問をもつようになりました。

結果、

土日休みの仕事を選んでいます。

出来るだけ残業も少なくして子どもたちが起きている時間に帰ってくるようにしています。

正直それだとお金の面でいうと辛い時もあります。

ただ、

わたしも子供を持ってから、こんなに子供って可愛いんだって実感しました。

とするならば、

男親だっておんなじ感情を持つのは普通ですよね。

わたしが今の感情で男親だとします。

男だからって理由で

あなたは父親だけど、父親だから頑張って会社の命令に沿ってお金稼いできてね

子供はわたしが看てるからッて女親に言われたら、

やっぱりいやだと思う。

子供の成長を見たいです。

あーーーーーーーーーーーーーーーーーっという間に子供って大きくなるんです。

転勤とかになって

子どもと関われる数年を棒にふってる場合ではないと真剣に訴えたい。

そうこうしているうちに親の介護が始まる。

ね、転勤してる場合じゃないですよね?

 

 

 

ROBOTはきっと人間を助けてくれる!

ロボットがこんなことが出来るようになった!とか

車が自動運転する!とか

AIが囲碁に勝った!とかニュースになると

仕事がなくなって困るんじゃないかという人が多いそうで。

わたしはもうミライがわくわくで仕方ないです。

人がやっていた大変なことをロボットがやってくれるようになるって

考えるとすごく頼もしくないですか?

人が100人でやっていたことを1台のロボットでやってくれるとして、

その仕事から開放された人はもっと楽しい仕事につけるとしたら楽しくないですか?

介護とか日本では超高齢化社会になっていくのに、人手が足りません。

子供は少ないのにどんどんじいちゃん、ばあちゃんは増えていく。

日本人は移民をあまり受け入れることが難しい。

ロボットならどうですか?

母が介護の仕事をしていたのですが、

訪問入浴ってあるでしょ?あれすごい肉体労働なんですって。

軽いじいちゃんばあちゃんばかりじゃなくて

重いじいちゃんばあちゃんもいて、

大人数人で抱えて入浴させるらしいです。

考えただけで大変そう。

これをテクノロジーで容易に出来たら素晴らしくないですか。

ドライバーも高齢化が進んでいますが、自動で指定箇所までGPSセットで連れて行ってくれたら

安心で事故も少なくなるでしょう。

今現存する仕事はなくなるかもしれませんが、

今存在しない新しくて楽しい仕事が創出されます、安心してください。

古い観念に固執しないで、手放すとその隙間に楽しいことが舞い込んでくるかもしれないですよ。

友達はタクシーが自動運転になっても席には誰か座っていて欲しいと言ってました。

多分こんな感じの↓

ハンドルはもうないでしょうけど、

タクシーの運転手さんみたいになんとなく相槌打ってくれるとうれしいかもですね。

そこは人間らしさを求めるのが人ですわ。

見た目は好き♥