コーヒーを飲むと健康リスク?

コーヒーを飲むと健康リスク?

コーヒー接種で健康リスクの可能性・・・

そんな記事を見つけてしまいました。

「コーヒー摂取の健康リスク」に関する注意喚起がカリフォルニア州で義務づけへ?

 

コーヒーが大好きな私は冗談じゃないです。

最近は海外に出向くことはないですが、

あんなに安くて美味しいコーヒーが飲めるのは

日本だけじゃないでしょうか。

コンビニコーヒーの発展のお陰で安くて美味しいコーヒーが気軽に飲めるようになりました。

コンビニコーヒーの発展は缶コーヒーで満足していたコーヒー党のみなさんもドリップ仕立てのコーヒーの味を教えてくれたと思います。

もう、美味しいドリップなしのコーヒーの世界には戻れないんですよ。

コーヒーが健康に寄与していることも理解はされているが、

なんと、

その一方で、米カリフォルニア州では、近い将来、カフェをはじめ、コーヒーを消費者に提供するすべての事業者に、「コーヒーには、発がん性のある化学物質が含まれています」という注意喚起表示が義務づけられる可能性が取りざたされている。

まさか、たばこの表記みたいに発がん性・・・とか書かれるんじゃないでしょーね、嘘でしょ。。。

高温で焙煎したコーヒー豆に発がん性物質の可能性があるとかないとか

発がん性のある化学物質として指摘されているのが、揚げる、焼く、焙るなど、穀物や植物を120度以上の高温で加熱することにより起こる”メイラード反応”で生成される「アクリルアミド」だ。

2002年にはスウェーデン大学らの研究チームによって、じゃがいもを揚げたポテトチップスやフライドポテトなどのほか、高温で焙煎したコーヒー豆にも、高濃度のアクリルアミドが含まれていることが明らかになっている。

ヒトにおいてアクリルアミドが発がん性を持つという十分な証拠はまだ見つかっていないものの、世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関(IARC)では、アクリルアミドを「ヒトに対しておそらく発がん性がある物質(グループ2A)」と分類している。

確かに、フライドポテトやポテトチップスは聞いたことがあります。

子どもの頃、ポテトチップスには発がん性があると聞いたいとこが

「俺は二度と食わねーー」と言ったときに

ばかいってんじゃないわと

山口百恵さんバリに思いましたが、

まさかまたここで

ばかいってんじゃねー。を繰り返すことになろうとは・・・。

表記を求める団体と

アメリカのコンビニ等は和解が成立したところもあるそうです。

もちろん、

たばこだって法律違反ではないですが、

コーヒー豆も同じ道をたどる日が近いのでしょうか。。。