2016年2月10日

売れ残り食品の廃棄を禁止する法律、フランスが全会一致で可決

  • 2016.02.10

膨大な食品の廃棄量に頭を悩ませるフランスで、大手スーパーマーケットがまだ食べられる食品を廃棄処分することを禁じる法律が制定された。 この法案は、5月21日にフランスの国民議会で全会一致で可決された。一連の法律によって、店舗の面積が400平方メートルを超えるスーパーマーケットは賞味期限切れなどで販売できなくなった食品を処分することができなくなる。 売れ残った食品は慈善団体に寄付するか、家畜の飼料や肥 […]