2017年10月1日

落語とは人間の業を肯定するもの

  • 2017.10.01

落語とは人間の業を肯定するもの 弟と話していて 立川談志師匠の言葉を教えてくれた。 その時はさらっと流したものの、強く心に残ったので、 中身を通しで調べてみた。 『ふつうは忠臣蔵の四十七志が主人公。でも落語はね、この(四十七志以外の)逃げちゃった奴等が主人公なんだ。人間は寝ちゃいけない状況でもねむたきゃ寝る。酒を飲んじゃいけないとわかっていてもついつい飲んじゃう。 夏休みの宿題は計画的にやった方が […]