「逆DV “アウトレイジ”な妻に泣く30代夫」

http://president.jp/articles/-/23740

 

過去にも似たような記事を書いたことがありますが、

DVは男→女 だけでなく

女→男 の場合もあります。

女の方が貧弱とはいえ、武器をもつこともありますし、

こういう場合(女→男)は男が反撃しないことが多いので

なかなか被害の状況がわかりにくい。

 

男の方も妻が(彼女)自分に暴力奮ってくるなんて

人に言えるわけもなく

我慢しているのでしょう。

 

殴ったりするだけが(肉体的暴力)DVではない

そしてこのDVには暴力だけでなく

言葉の暴力、経済的暴力も含まれます。

 

 

女性は口が回るひとも多いので

暴力的な言葉よりも(例えば、◯すぞ!とかじゃなくて)

精神的に追い詰めるのかって思います。
(なんであんたはそんなに給料少ないの???とか)

書いているだけで具合が惡いな。

 

経済的暴力は

結婚すると女性が財布を握ることも多いと思うのですが、

自由にさせないってことです。

男性も付き合いがあると思うのですが、

飲み会のお金ださないとか、

極端にお小遣いが少ないとか。

 

相手を認めてあげよう

ちょっと前の記事にも書きましたが、

ご主人の趣味とか行き方を否定する・・・

自分にとっては意味がなくても、相手にとってはとても大事なことかもしれないって視点を絶対持ちましょう。

相手を敬う気持ちがなくなったら、

夫婦として終焉を迎えるでしょう。

 

船越栄一郎さんは集めていた映画のパンフレットを奥様の一代さんに言われて捨てていました。

(注意!)夫が最近全く怒らなくなったと思ったら・・・

 

自分が好きなものを

「そんなの置いてたって意味ないでしょ、ゴミは捨ててよ」

そんなこと言われたらどうですか?

私だったら、怒りよりも心が沈黙してしまいそうです。

※怒りはまだ愛がある、 無視や沈黙は興味がない→愛がない

 

こんな状態になったときに

お金がないから浮気とかしないだろうって

高をくくっていると

意外とひょんなことで素敵な女性にあったりして

不倫したりしてね。

 

んでもって捨てられるのは自分だったりしてさ。

 

自分がされたら嫌なことは

形を変えても

男だろうが女だろうが嫌だってこと

もう少しパートナーを理解してあげたほうがいいですよ。

 

近くにいる人を愛して幸せになりましょう。

変わるのはまずは自分から。