子どもの早期教育、英語教育はいらない、むしろ、、、、

子どもの早期教育、英語教育はいらない、むしろ、、、、

林先生が英語の早期教育について必要ないと断言されたそうです。

英語よりも論理的思考が必要

1月7日放送の「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)では、幼児からの英語教育を取り上げました。番組では昨年9月にも早期英語教育を特集したのですが、その際に林修先生は「幼児に英語教育は不要」と断言。「英語ができない親ほど早期教育を支持する」「幼児期は英語よりも思考力を伸ばすべき」と持論を展開していました。

これは私も完全同意です。

英語が話せない親ほど英語を早期に取り組ませる傾向があるんじゃないでしょうか。

自分が出来なかったから早くやらせるのが子どものためだと言いながら。

 

反対意見をお持ちの先生もいるようですが、

林先生はさらに意見を述べます。

そこに反論したのが、とある大学の准教授。日本人全体から無作為に抽出した社会調査データを使って分析した結果、英語ができる親の中にも早期英語教育に賛成している人も多いと噛みつきます。さらに、英語よりも先に思考力を身につけさせるという考えに対しては「日本での教育を前提にしており、かなりズレている」とバッサリ。

真っ向勝負をしかけられた林先生は、“英語ができる親”ではなく“東大出身の親”と条件をつけたはずだと反対意見を述べました。自らの考えとデータに差異が生じたのは、英語ができる親の中に英語“しか”できない人がいるためだと発言。数学や理科など論理的思考を必要とする教科もきちんと学んだ東大出身の親に限っては、早期英語教育の優先順位が低いと解説しています。

また「日本での教育を前提にしており、かなりズレている」ことに関しては、「母語でしっかり学び、深く核心を突く考えを身につけることが重要」「日本語で論理的思考ができない人間がどうして英語で論理的思考ができるんだ」というノーベル化学賞受賞者の白川英樹先生の意見を引用して反発。

言葉を話すことは道具であって目的ではないですよね。

日本語だけでもその他の母国語だけでも、自分の考えをきちんとまとめ伝えることができる能力がまずは必要です。

白川先生の母国語で論理的思考ができないのにどうして英語で論理的思考ができようか・・・につながるわけですね。

私も最初の子どもが産まれたときに

子どもにお金は残せないからと知性を与えようと早期教育に取り組んだ時期がありまして。。

わたしの経験談からお話したいと思います。

http://news.livedoor.com/article/detail/14181117/

1,英語よりも母国語が大事

普段話している言葉が日本語であれば

親とのコミュニケーションをとるのは日本語ですよね。

で、あれば日常会話を使う日本語を学ぶべし。

その軸をなしに英語に転換しても

すっごく中途半端な日本語と英語を取得するだけです。

日本語は読解力が必要なので(あーでもこうーでも受け取れる)

しっかりと学ぶべきは日本語、母国語です

2,むしろ、親が英語を学べ

友達(ママ)にもよく言うのですが、

本当に子どもに英語を日本で取得させるつもりがあるなら

まずは自分が英語をある程度マスターしたほうがいいって言います。

自分が話せない→子どもに習わせる

子どもが英語で親に話しかけてくる→ハハハ、お母さんはわからないよ、すごいねーと言葉を濁して逃げる

子どもは親には語りかけなくなる→週に1,2度1,2時間英会話したくらいで英語が取得できると思うな

Mummy!っていったら→Yes! くらいは即答しましょう

親が会話してたら、これが普通の環境なのかな?って英語にも抵抗なくなるとおもいませんか?

日常会話ってそういうことじゃないでしょうか。

3,発音には小さい頃から触れさせたほうがいい

文法や英語を話すこと自体は成長してからも十分リカバリーできると思います。

ようはやるかやらないかだけの話です。

ただ、発音については幼少期から触れるかどうかでかなりアドバンテージがでると思います。

耳に入ってくる単語もすんなり行く気がします。

海外に行くと英語ネイティブよりもセカンドランゲージの人のほうが多いので発音が恥ずかしいって思うのは無駄な羞恥心なのですが、

難しい発音だと何度もいい直さないと伝わらないので

うまいに越したことはありません。

わたしのオススメは

「おさるのジョージ」(2カ国語)です

セカンドランゲージの登場人物たちがたくさん出てきますが、

国によってなまりが色々あって

わたしが聞いてきた環境にとても似ています。

子どもたちにもきれいな英語ばかり聞いていると

他国語なまりの英語が聞き取りにくくなるので、

おさるのジョージの英語版が世界の状況だと思って聞いたほうがいいと教えています。

是非聞いてみてください。

4,まとめ

わたしは子どもに英語を教えなくてよかったと思います。

日本語の読み聞かせに力を入れつつも

英語に触れる環境を作ってきました。

※わたしが二ヶ国語で英語だけで映画やニュースを見ている姿をみています。

今後は直接話している環境を用意できるといいですね。

誰しも自分の国の、家族がメインで話す言語をマスターすべきですよ。ある種のアイデンティティですし。

そして堂々と世界で日本英語をぶちかませばいいんです。

内容が伝えられなければ

どんなに英語がうまかろうが意味がないです!

どんどん英語を話していきましょう!

まずは日本語から(^^)