メイクアップ ヒカリと影をマスターする

今回のこのメイクで見て欲しいのはおでこのところにいれる影の入れ方。

メイクをするときの自分へあたっているヒカリの加減もあるけれど、

陽の光に当たると、

想像と違って見えている時もあるので注意。

この影をマスターすると小顔に見えます。

そして、ヒカリを入れることで陰影をつけ、メリハリの有る顔立ちになります。

あの人達なんていうんだったけな。。

りちゅえる?なんかほっぺピンクの人たち。

ほっぺだけピンクのギャルいますもんね。

あれって流行りなのかしら?

若い時はいいのか、あれで。。

自分の好きな洋服のスタイルやも考えてメイクはするようにしましょうね。

わたしはとにかく今年は陰影、メイクのヒカリと影押しです。

時短メイクができるよう日本で購入できるアイテムもご紹介していきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です