結婚にはメリットがないと科学が証明 ?! 

結婚にはメリットがないと科学が証明 ?! 

結婚にメリットがないことが遂に科学的に証明される 研究者「既婚者のほうが孤独でストレス値が高い」

結婚にメリットがないことが遂に科学的に証明される 研究者「既婚者のほうが孤独でストレス値が高い」

 

今まで結婚したほうが長生きする・・・というのが定説でしたが、

どうやら今回の研究はそれを覆してしまう内容のようです。。

今までの常識データ

 これは大量の観察研究から得られた結論で、たとえば有名なのは、2014年にカリフォルニア大学から出たメタ分析でしょう。過去50年のあいだに行われた調査から72,000人分のデータを精査したもので、果たして結婚がどれだけ健康にいいのかを定量的にまとめています。

・既婚者ほど寿命が長い
・心疾患になりにくい
・脳卒中リスクが下がる
・鬱病の発症率が低い

しかし、ここで一つの疑問が出てきます。

ではなぜ多くのカップルが離婚するのか。

日本では不倫ドラマや映画が流行って

芸能人は不倫している人が多いのか。

結婚することが幸せなら、離婚もしないし、不倫もしないはずですよね。

データによると先進国では離婚率が5割を超えてくるところもあるそうです。

こうなると俄然結婚して幸せ♪判断が怪しくなってきました。

 

記事の中では世代間の価値観が反映されていないのが問題とありました。

 

 

 

最近の結果では

2017年、オハイオ州立大学の研究者が、世代の差を考慮した調査を行いました。1955~1984年のあいだに生まれた既婚者12,373人を対象に、全員の健康レベルにどのような違いがあるかをチェックしたのです。

そこでわかったのは、以下のような事実でした。

・古い世代ほど結婚によって健康レベルは上昇する
・近年に生まれた世代ほど結婚しても健康にはなりにくい

なるほど。

近年の人は不倫とかになっちゃいますね。

 

◆現代における結婚の定義はライフガードではなく、単なるストレスの源

ちょうどおばさんの孫が結婚するというので

年齢を聞いたら27歳、奥さんは26歳

え?早くない?ってきいたら

 

「なーーーーに言ってるの?早くもないよ、27歳よ。遅いくらいよ。あんたが遅かったんよ」

と突然叱られたので、

「いやーーー、26歳で結婚したら、離婚する自信があるわーー(毒)」

と後味惡い言い返しをしてしまいました。

 

反射で嫌味っぽい回答しちゃいましたけど、

いやいや、本当にそう思っているところもあります。

わたしに限っては20代で結婚してたらかなり高い確率で離婚していたでしょう。

 

子どもができたら環境変わりますが、

子どもがいないと結婚はストレスの源・・・間違いないです。

 

 

 

しかも、結婚しなくてもいい環境が揃いつつある今

好きっていう不安定な要素で生涯寄り添う決断を出来るひとたちはすごいですね。

・現在では、結婚相手がいないくても他のコミュニティで豊かな人間関係を築ける
・両親世代の高齢化により、配偶者がなくても経済的にやっていけるようになった
・昔と違って独身者に対する偏見が減ってきた
・独身でも経済的に自立することが可能になってきた

一人で生きていける要素というかメリットが見えてくるのが現実ですね。

確かに近年では、多くのデータで結婚のオワコン化が指摘されるケースが増えています。代表的なのは2015年にマサチューセッツ大学が行った研究で、アメリカの国民統計を使って全米の独身と既婚者の人間関係を調べたところ、おもしろい結論が得られました(3)。

・実は独身者のほうが、肉親や友人とコミュニケーションが多く幸福度も高い
・既婚者のほうが孤独なケースも意外なほど多い

結婚がオワコンねーーー。

確かに周りの知り合いにも今の環境が幸せで結婚するメリットが感じられないなんて話してたっけな。

 

既婚者の孤独なケースは

仕事で家に帰らなかったリーマンのことかしらねーー。

家族のために頑張って働いてきたつもりなのに、

家族との絆はなくなり、仕事が生きがいに。

でも帰宅後は一人なので孤独になりやすい。

 

実際、さまざまなデータを見る限り、現代で大事なのは「特定のパートナー」ではなく「どれだけ周囲と良い人間関係を築けるかどうか?」です。

本当にそうですね。

結婚って形はどうでもいいけど、

良い人間関係を作ることが幸せには不可欠のようです。