水いぼ完治までの記録Vol.3~治療・完治へ~

 

Vol.1Vol2で長々とお付き合い頂きましてありがとうございます。

結論は

イソジンでOKです!

緊急の場合や早く結果を得たい方はイソジンとイソジン軟膏のW使いが効果的です。

 

使い方もとっても簡単です。
→こちらの
サイトで紹介されています。

ー用意するものー

1.綿ボール(100均とかドラッグストアで売っています)

2.ピンセット

3.イソジン

4.イソジン軟膏

5.綿棒

6.根気!(1週間から10日は真剣に!)

 

これだけでOKです。

1.の綿球はどこにでも手に入りますので近くのお店で手に入れてください。

2.のピンセットは1の綿球にはいっているものも多いですし、自分の家にあるものでいいです。

3.4.イソジンの液体のやつと軟膏のW使いが効果的

綿にイソジン液体を湿らせて水いぼの先のほうにポンポンと色が付く程度につけます。

そのあとに綿棒につけたイソジン軟膏で水いぼの先に塗って終わりです。(手で付ける方もいますが、衛生面で私は綿棒を使用)

 

洋服やパジャマに色がつきますが、うちは洗濯して全部落ちましたのでほぼ大丈夫と思いますが、
ある程度目途がつくまでは色が残っても大丈夫なものが安全ですね。

私はお風呂上りと時間があれば寝る前

にもやっていました。

1週間くらいで光がみえて10日くらいである程度口がふさがりました。
その間も新しい水いぼもできましたが、同じ工程を繰り返し大きくなることはありませんでした。

ほぼ完治したのは3週間くらいたったころですね。
少しあとはありましたが、子供の代謝能力で目立つこともありませんでした。

もう、どうしようとお先真っ暗なかんじだったのに、
ほんとに

イソジンさまさまです。

 

病院にかかるとヨクイニン(ハト麦粉末)とかかゆみどめとか処方されるようですが、
即効性はあまりないかと思いますし、
うちの娘がかかった先生も効くかどうかは個人差あるんだよなぁって感じで、
(※効果がある方もいらっしゃるようです)

ひどくなったらやきましょう、かわいそうだけどって感じだったそう(主人談)

ヨクイニンはハト麦のことなので、
ハト麦茶を大量に買ってきて娘に飲ませようとしましたが、
独特の苦みがあるので、まったく受け付けませんでした。

ハトちゃんよ、ぽっぽちゃんよ~」とかごまかしながらトライしましたが、

子どもの素晴らしい味覚には対抗できませんでした・・。

お茶なら簡単に飲ませられると安堵したところに、
子どもが受け付けなかったのでもう、辛かった。。。

でも、大丈夫です。

私達にはイソジンがあります。

イソジンありがと。

この情報をくれたサイトにも心から感謝申し上げます。
http://www.aino.jp/page020.html

そして、水いぼ治療でこのブログへたどり着いた方のお役に少しでも立てれば
本当にうれしいです。

子どもに辛い治療するまえに、
一度やってみてください。

“水いぼ完治までの記録Vol.3~治療・完治へ~” への5件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です