まなびSTORY 長岡亮介(音楽家) 後編

 

→→前半の記事は此方

どっちかっていうと後半の方が好きだな。

自分のために発言を自分なりに抜粋。

曲を作るとき、なんか聞いたことがあるというようなものは作りたくなくて、

自分を通して自分なりに作る。

人を見ている、音を通して。

勉強し過ぎると個性がなくなる気がする。

音楽の勉強よりも経験とかそういうことを積んだほうがいい。

カントリー歌手の下り。

あるカントリー歌手のご指名のギタリストがいて、

そのギタリストは決まったコードしか弾かないというより多分弾けない。

でも、その人よりギターを上手に弾ける人が敢えて真似して弾いても同じ音はでない。

それしか弾けない人とは音が違うと。

手間をかけないと喜びもない。

テクノロジーを利用して好きなモノ、人とどんどん出会ってほしい。

ネットをきっかけにして人と接してほしい。

抜粋此処まで↑

私が普段感じることととても共感できて、

嬉しいです。

ネットは世界をとても近づけてくれたけれど、

人と人との距離が遠くなった気がする。

隣にいるのに離さない人たちも多い。

コミュニケーションするのが面倒なのか、怖いのかも。

どんなに世界がAIで埋め尽くされても人は人が恋しい。

人は人しかできないことにシフトしていけば

世界はもっと生きやすくなる。

あれから4年。また閏年だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です