眼精疲労で髪が抜ける・・・

眼精疲労で髪が抜ける・・・

かすみ目を侮ってはいけない

2018年2月頃から視力低下と思われる症状でモニターが見えづらくなっていました。

しかし、視力低下ではなく、メガネをつけても見えづらいので

これが噂のかすみ目で老化現象かとあまり深く考えませんでした。

ただ、このあたりからこめかみを押さえるのが癖になるほど、仕事中は頭痛を伴うようになっていました。

※首も肩も痛かったのですが、頭痛がすごくてあまりわからなかったです

そうなっても、こんなのは誰にもあることだと深くは考えませんでした。

(髪の毛)こめかみの延長線上にある頭皮上の血管付近が少し抜けている

髪をブラッシングすると言っても手ぐしで適当にやれば、

まぁ見れるくらいにはスタイリングできたので、髪の手入れも手入れらしいものはしていなかったのですが、

2018年4月頃でしょうか・・・。こめかみの延長線上で小さい箇所ですが頭皮が見えている箇所を見つけました。

最初に左側を見つけて、右側を見るとこちらも小さい箇所ですが、頭皮が見えている場所を発見。

こうなっても、あー、老化だな(笑)と受け入れようとしました。

もともと見た目よりも毛髪が多いため、本当にぜんっぜん深く考えていなかったです。

年をとれば、髪も抜けるさ。でも、男性のようにはならないからうまく付き合っていこう・・・くらいな気持ちでした。

そして、その日を迎える

相変わらず、忙しい毎日で、こめかみを押さえる頭痛もかすみ目も一向によくなってはいませんでした。

忘れもしない5月12日。

お風呂場で髪を洗っていたときのことです。

頭を下げてすすごうとしたときに、後頭部から髪がごそっと抜け落ちました。

「え?え?」

しばらく現実が受け止められません。

排水口に溜まる自分の髪。

動悸と一緒に震えが来ました。

全部抜けるのではという不安と恐怖・・・だったろうと思います。

とりあえず、全部は抜けませんでしたが、

2センチ〜3センチx10センチくらいでしょうか。

正確ではありませんが、円形ではなく、横長にぬけておりました。

これを確認したのは随分あとです。

正直怖くて触れませんでした。

寝入りのいい私がその日はほとんど眠ることもできませんでした。

原因を考える

私は病気等が原因でこうなったとは考えませんでした。

人間ドッグ受診後だということもありましたが、

すぐに、あの目のカスミじゃないだろうか・・・と思いつきました。

頭痛とかすみ目 = 眼精疲労

よく髪の毛は「血液」といいます。

頭も痛いし、首も痛い。肩も痛い、背中も痛い。目も見えづらい。

これはすべて、頭に血液が渡ってないからではないか・・・と仮定してみることにしました

体の不調の原因は自分自身にある

髪の毛は抜けましたが、病院に行こうとは思いませんでした。

髪の毛が抜けるって不安ですぐに誰かに助けてほしいってなるのかもしれないですが、体の不調は自分自身にあると私は考えています。

しかも、最近の目の不調や頭痛は自覚がかなりあったのに放置した、自分の体のサインを無視していた・・・自分を大事にしなかったと。

その為お医者様ではなく(=薬どうこうではなく)

まずは自分ときちんと向き合って、原因を探り、根本治療しようと決めました。

まずは血流を促してみる

頭も痛かったけど、首と肩がガチガチのような気がしました。

私は荷物が多くバッグが重いのですが、最近片方で持つと痛いのでよく下ろすようになっていたことを思い出しました。

そこで、旦那に首と肩と背中をマッサージしてくれないとお願いしたところ

「なにこれwww?全然指が入らないんだけど、バッキバキだよ、お前大丈夫?」

いえ、全然大丈夫じゃないです(笑)

このあと旦那のフルパワーでマッサージを受けるも彼のほうがダメージを受けるほどの酷さで・・・。

目が見えづらいので検索とかはしたくなかったのですが、

音声検索を利用して、マッサージやストレッチを探しました。

私が特に効果があったと思うストレッチはこれです。

https://ima.goo.ne.jp/column/comic/3781.html

背筋を伸ばして手を頭の後ろに重ねて置き、頭を下に向けて、右左とゆっくり揺らす動作です。

最初のほうは何度やってもバキバキと音がして、痛かったですが、深呼吸するたびに血液が流れるイメージがありました。

楽になる感覚があって、とにかくちょっとつらくなったらこれやってました。

次回の記事では、眼精疲労だと仮定して実践したことをお伝えします!

目が疲れないペースで・・・(笑、いや、笑えない)