睡眠が頭の良し悪しを左右する!? 記憶整理3つのコツ

睡眠が頭の良し悪しを左右する!? 記憶整理3つのコツ

睡眠が頭の良し悪しを左右する!? 記憶整理3つのコツ

睡眠をとにかく大事にする!

は最近の私の上位目標ですが、

先日近所で朝方事故があって、見に行きましたら

そのあともう眠れなくなってしまいました。

朝方と言ってもまだ夜は開けない時間帯でしたので、

本当はもうちょっと寝たかった。

 

そのまま朝を迎え、子どもを送り、仕事・・・でしたが、

リズムが崩れたことで

頭がはっきりしないし、ぼーっとしてしまいます。

 

仕事もはかどらないし、段取りもイマイチ。

これがランチあけにもっと如実に身体にでてきます。

眠いんだか眠くないんだか、はっきりしない。

 

仕事で覚えなくちゃいけないことも

すんなり入ってこなくて、もう自分にがっかり。

 

覚えたいときほど睡眠をよくとれというけれど、

本当にそのとおりだなと思います。

 

記事によれば、

<(1)起きているあいだに時間の感覚を持つ>

「休みだからと言って1日中家の中でダラダラしたり、デスクワークに追われて室内にずっとこもったりしていると、時間の感覚は薄れがち。そういう生活になりやすい人は、朝日や夕日を積極的に見るようにしましょう。とりわけ夕方の空は、時間の変化、季節の変化などが常に表れているものです。そこから感じる時間の感覚は、脳の記憶部分を刺激し、活性化することがわかっています」(加藤先生)

最近では塾や習い事などに忙しい小学生も多くいますから、親子で夕日を見て、今日1日をじっくり振り返るのもおすすめ。

 

日常に月の満ち干きや夕日朝日などを一緒に眺めて

時間の感覚を刺激するだけで、

脳の活動(特に記憶)によい影響がありそうです。

 

たったそんなことで?

って思うかもしれませんが、

これ、出来てるよ!って親子がどれだけいるでしょうか。。。

 

親子のコミュニケーションから

よい睡眠取得に活かしてみましょう!