外科医に聞いた、手術中にもっとも集中力が増すBMGは「ヘビメタ」

外科医に聞いた、手術中にもっとも集中力が増すBMGは「ヘビメタ」

外科医に聞いた、手術中にもっとも集中力が増すBMGは「ヘビメタ」

音楽を好きな方でも

そんなに好きでなくても

人生の節目に覚えている曲とかあるんじゃないでしょうか。

 

わたしは音楽が好きなので、

朝元気を出すときに聞く曲とか気持ちを盛り上げるときの曲、

大事なプレゼンの前に聞く曲

仕事で疲れてしっとりとしたいときに聞く曲など

自分のライフスタイルにどっぷりと音楽を入れ込んでいます。

 

アメリカで行われた「Spotify」とヘルスケア関連サービスの「Figure 1」の共同アンケート調査によると、手術室で執刀中に好きな音楽をかける外科医が多いということが判明しました。

 

わたしも何かをしながら音楽をかけることがとても多いので

執刀中に好きな音楽をかけるというのがとても共感が出来ました。

ただ、外科医のイメージとして

クラシックなどの静かな曲をお好みになると想像していましたが、

ヘビメタ音楽がおこのみだと・・・。

では、実際の現場でどのようなジャンルが流れているのか?

ジャンルの人気別データでは、一番人気なのは意外にもロック(49%)と判明。そして以下人気順はポップ、クラシック、ジャズ、R&Bという結果に。またロックの中でも人気が高かったバンドは、メタリカ、スコーピオンズ、レッド・ツェッペリン、AC/DC、といったハードロック・ヘヴィメタル系のバンドが多くあがりました。

とある外科医は、ロックが一番集中できると強調します。

「命がかかっている手術は、自分が患者に一番集中しなきゃいけない時。そこでロックが流れると、僕は気持ちが落ち着き、集中できるんだ」

 

今回のアンケート調査によると、90%の外科医は手術室で音楽を流すと回答し、また、その約1/3は、5種類以上の手術用プレイリストを用意しているそうです。

イメージとしてはクラシックなどが集中できるのかと思っていました。

個人的には気持ちが上がりすぎて、興奮するのが怖いですが、

命を目の前に向かっている方は

どんな音楽の種類であれ、好みの音楽で気持ちを落ち着けることができるんですね。

記事にもありましたが、

「若い時によく聴いていたバンドを流すかな。懐かしさと相まって、落ち着いて集中できるから」

これはよくわかります。

わたしは今毎日ハイスタがキラーチューンですが、

若い頃の楽しかったことがエネルギーを出してくれる感じです。

Spotifyでは今回のアンケートをもとに外科医のプレイリストを公開しています。

是非、気持ちコントロールの参考にしてみてください。