セルフレジ、使っていますか?

以前このブログで紹介した「AMAZONGO」

お店に入るときに認証して、あとは買い物すればレジフリーでお店を出ることが出来る、

画期的なセルフレジです。

 

AmazonGO の商品認識方法がビックリ

「AMAZONGO」をご紹介したときに

近所のスーパーでセルフレジが起用されたが、使いづらそうだという話を書いたのですが、

どうやら世間でも同様に捉えてる方が多いようです。

セルフレジは定着するか 消費者は「面倒くさい」と避けがち、利用率の低さから廃止する店も

面倒だとか、音がうるさいとか、なんとかかんとか

批判が多いようですが、

わたしはセルフレジ賛成派です。

記事によれば、セルフレジは数人が並んで、通常が長蛇の列が多いとのことで

その条件で同じ立場になったら、間違いなくセルフに並ぶでしょう。

近所のスーパーなんて

ほぼ店員がやってくれて、カードか現金かを選んで精算するところが自分なだけ。

そうするとあまりセルフの意味ないのかな。

ただ、お金の出し入れで高齢者の方はゆっくりの方が多いので

後ろの人を気にせずに自分のペースで精算出来るのは双方にいいことかもしれません。

suica決済が最高

わたしは駅前や駅ナカビルで使えるsuicaが最強と思っています。

駅のコンビニなどではsuicaを使ったセルフレジがありますが、

いつもあれを利用しています。

タバコやコーヒーなどの理由がなければ、

駅の買い物なんて数点しか購入しないのだから

絶対セルフレジ利用したほうがいい。

千円か二千円チャージしてピピってスキャンして、

suicaを当てればそれで終わり、袋詰も自分だし、

箸もスプーンも自分で選べるし、利用しないことも自分で選べる。

suicaで買い物するのに、タバコ買わないのに

セルフレジを利用しない理由がない。

これが年齢が高齢な方ならまだ理解出来るのですが、

結構若い方も現金で支払ってる。

でもsuica持ってますよね?と突っ込みたくなる(笑

短気なくせに、前の人の会計にイライラする割には

一番時間を食う精算方法を選ぶ人が多いのはとても不思議です。

節約する割には

メガバンクを利用している人が多いのと同じくらい不思議です。

記事にもあった中で大きく頷いたのは

セルフレジの規格が違うのでやり方が違うのですが、

このあたりをもっと利権などでなく消費者目線でやってくれると嬉しいです。

電子マネーももう少し絞ってくれるとポイントも貯まるし使うんだけどなぁ。

便利だけど、

利権が絡むと途端に不便になり使いづらくなる。

とても残念な世の中ですわ。


運勢にも影響が?ネガティブニュースを避けましょう!

運勢にも響いてくる?ネガティブニュースから受ける大きな影響を避け、幸運体質になろう!

 

「ニュース」というものは、目に見えない部分の感情や知識などに入り、目に見えない部分に影響を与えつつ、実は目に見える肉体の部分にまで、どんどん浸透していきます。

ということは、残酷な殺人事件や事故、テロ、不況などのネガティブな波動をどんどん取り入れると、せっかく良いものを食べたとしても、帳消しになってしまいます。

 

私自身もテレビでニュースを見なくなってから数年が立ちます。

ただ、ネットニュースは見ます。

とりあえずは、垂れ流しの情報を見たり聞いたりすることはやめて

例えばyahoo!Newsからタイトルだけザーッと流し読みする感じです。

ぽいきさんの記事にありますが、

「心」「精神」って健康においてとても大事ですよね。

昨今、本当にみなさん食べ物にはこだわる方が多くなったなと思います。

まだまだ高価ではありますが、有機食品も近所のスーパーで買えるものもでてきました。

しかし、

この情報というものに対して人は余りにも無防備だなと。

わたしがニュースを見なくなったのは子供が生まれたことも大きく影響しています。

テレビってとても刺激が多いと思いますよね。

子供にも垂れ流しで伝わってしまう

子供が赤ちゃんの頃になんとなしにニュースをつけて

見入っていたとき、殺人、強盗、詐欺そんな物騒なニュースばかりでした。

ぱっと子供をみたら、

そのテレビをじーーーーーーっと見てたんですよ。

なぁにもわからないようで、こんな悪いニュースを拒否することが出来ないなんて!

と怖くなり見なくなりました。

人の悪口の多い番組とかも避けるようになっていくと

次第にみなくなって、うちはケーブルテレビを契約しているので

内容を確認してから子供には見せるようになりました。

やはり一番安全なのはNHKの教育番組とかでしょうか。

「デザイン あ」や「シャキーーーーン」「ピタゴラスイッチ」などは良番組かと思います。

 

 

 

毎朝・毎晩、お昼のワイドショーも合わせて、繰り返し繰り返し見てしまったとしたら……。いくら良い食事を取って、サウナに入って毒出しをしたとしても、眠っている間にジャンクフードをパクパクお腹いっぱい食べているのと同じような、困った結果を生み出してしまうのです。

それを避けるためには、テレビを見るときも、ネットの情報を探す時も、できるだけネガティブなニュースを見ないようにして、必要のない時はネガティブニュースが流れないチャンネルを選ぶようにしてみてください。

なんだよ、ネガティブニュースって・・・と思ったら

見ていて気分が悪くなったり、悲しくなって落ち込んだり、イライラしたり、

自分のことじゃないのに妙に怒ってしまったりとか・・・です。

タイトルだけ見てもネガティブな気持ちって出てくるので凝視したり、

気持ち入れ込んで見たりすると感情が大変なことになります。

子供が小学生になって、 出かける前にお母さんといっしょをみていたら

義母が

「もう子供が大きくなったんだから、それは見なくてもいいんじゃないの?」と言われて

「いえ、仕事の前はこの番組が一番落ち着くんです、ニュースっていいニュースなんてほんの一部しかないので」

と言ったら驚いていました。

そんなことしたら、世間のこと知らなくなるんじゃないの?

ってご心配は無用です。

色んな人と関わっていると今流行っているものとか歌とかニュースとか嫌でも

入ってくるんですよ。

もう、それで十分です。

知らないと困る情報なんてほんの一部だと思います。

是非、食事へ関心とともによいエネルギー、よい情報受取へ転換していきましょう!

 

 

 これも大好き♪

5分番組だけど、良番組。

音楽も素晴らしいです。

おすすめ


「酒は飲んだら強くなる」が物議 医師も忠告「鍛えようと思ってはダメ」

「酒は飲んだら強くなる」に批判集まる 日本人の約半数は酒に弱い体質なので「死ぬで」と反論

若い頃はお酒が強い人が憧れで

かなり無理をして飲んだこともありました。

祖父は毎日晩酌をするほどお酒が好きでしたが、

父はあまり強くありません。

お酒は好きみたいですが、強くない。

ここの遺伝をもらったようです。

父の弟、つまり叔父さんは祖父に似たようでとってもお酒が強いです。

わたしもお酒は好きですが、そんなに強くはないと思います。

今回の記事のお酒は飲めば強くなるは

半分本当

半分嘘(危ない)

というのが、経験談です。

最初にお酒を飲み始めた頃、

自分のキャパを超えるとすぐに吐いていました。

それがビール一杯だとすると、

次第にビール2杯、3杯に増えていきました。。

お金もない頃なのでどうやって安く楽しく酔うかって考えてましたね。

ウイスキーやブランデー、カクテルも飲めるようになり、

お酒人生は楽しくなっていきました。

時間が過ぎて、焼酎、日本酒も飲めるようになった頃、

気づけば、2時間で焼酎1瓶空けるように・・・。

その頃からです、身体に異変がでてきました。

まず、

  1. 歯磨きすると血がでる
  2. 歯がグラグラする
  3. 肝臓の位置と言われるツボを押すと触っただけで激痛が走る

こんな状態を放置して飲み明かしていましたら、

肝臓が解毒出来なくなった(わたしの許容を超えた)のでしょう。

顔中吹き出物だらけに。。

細かい描写はしませんが、とても人前に出れるような状態ではありませんでした。

お化粧できるまで2年かかりました。。。

ここまでの自分の経験から

お酒は飲むと強く(飲めるように)なるが、

元々飲める体質じゃないのに飲むと危ないです。

お酒を鍛えようとはしてはいけない

お酒は飲めば強くなるのだろうか。NIKKEI STYLEが2015年に掲載した記事では、肝臓専門医で自治医科大学付属さいたま医療センター消化器科の浅部伸一氏が、「酒の強さは遺伝子によって決まる」と説明している。

酔いの原因は、アルコールを分解したときにできるアセトアルデヒドだ。これを分解するのが「アセトアルデヒド脱水素酵素」なのだが、この酵素の活性は遺伝子の組み合わせによって決まるという。活性は人種によって異なり、白人や黒人はほぼ100%が酒に強いのに対して、日本人を含む黄色人種では酒が強いタイプは50%にとどまる。日本人の約半数は酒が弱い体質なのだ。

記事の引用をみると

日本人の半数がお酒に弱いのだ。

最近の若者はノミニュケーションが足りないというけれど、

本来は飲めなかったのに、半分の飲める人たちの環境に入ってしまうと

無理して飲んでいた人も多いのかもしれない。

 

そして、今わたしは、お酒を飲まない。

でも、楽しく仲間と過ごすのにアルコールの力は必要ない。


男性も産後うつに? 産後3カ月間で約16.7%の男性にうつ傾向あり

家事や育児をしんどいと思うパパが増えている?

「産後は特に母親のケアが必要な時期ですから、父親はできる限りサポートする必要があります。でも、夜遅い時間まで仕事をして、帰宅後に家事や育児が待っていると、父親も負担が大きいと感じてしまう…。母親も疲れているのをわかっているからこそ、そういった状況では『家事や育児がしんどい』と言いづらい雰囲気があります」
出産育児で頑張っている奥さんをみて
辛いなんて言えないと鬱になってしまうお父さんは
間違いなくいいお父さんです。
もし、このブログを読んで苦しいと思っていたら、自信を持ってください。
世の中には「父親はできる限りサポートする必要があります」
こんなこと思ってもいない人たっくさんいますよ。
俺が給料稼いでるんだ。
お前は子供と遊んでるだけだろうがと。
子供生まれたときは多少ケアしてくれるんだけど、
それが日常になったら、また元通り。
どっちかというとイクメン風は見るけれど、
育児休暇をとった人とか見たことないし、
まわりの母ちゃんたちと話しても、それは羨ましいとかおもったことないので
16.8%のパパさんはきっと頑張っているだな、だからきついんだな。
わたしは専業主婦の人たちにもいうんだけど、
働いてみたら、旦那さんの辛さも大変さも分かるよ。
お金稼ぐって大変だからさ。
育児や家事で大変だけど、
女が男にいつもありがとうと労ってほしいように
男性だってお疲れ様って言って欲しいんだとおもう。
みんなそれぞれが出来ることをやって、助け合っていきましょう。

1億円を貯めて31歳でリタイアした女性からの助言

仕事に縛られなければ生活費は安く済む。1億円を貯めて31歳でリタイアした女性からの助言

「みんな意識していないと思うけど、わたしたちは『働くため』にたくさんのお金を使っている。わたしはそこに気づいたんです。毎日の通勤にいくらかかる? プロフェッショナルに見える服装とそれをクリーニングに出すお金は? 子供のいる人たちは託児所などにいくら出費しているの?」

シェン氏はトラビ氏にそう説明し、「その立場にならないと実感できないけど、仕事に関する経費がなくなれば、生活コストは下がるんです」と続けた。

(女性が結婚して子供がいてフルタイムのホワイトカラーで働いていると仮定します)

わたしも常々思っていました。

働くことでお金がかかっていると。

例えば、デニムとTシャツでオフィスに行ければ(スーツをやめれば)

その費用はいらない。

そして、スーツやコートのクリーニングもいらない。

やっぱりずっと同じスーツというわけには行かないので

(特に女性は)

毎シーズン何か買い足します。

靴も結構お金がかかります。

ヒールって足が痛くなるし、走れないのに

きちんと感のために履く。

これがスニーカーで良ければ1,2足ですむはずで、足も快適。

靴に合わせて靴下ストッキングと用意しなくちゃいけない。

見た目をキープするのに美容院も行きますよね。

バッグとかもファッションに合わせて買いますよ。

うーーーん、これだけ考えてもとてもお金がかかる。

食費もかかると思うんですよ。

家にいれば主婦だと夕飯の残りとかで昼食を済ませることができるのに

お弁当を作らないと外食代がかかります。

水筒を持参しないと飲み物代がかかります。

以前月のお小遣いが1万円という男性がいて

それを聞いた独身の友人が

「俺、今日コンビニで朝飯と飲み物、タバコ買って1400円くらい払っています」

「どうやって生活するんですか?」って真顔で聞いてました(笑

これが独身の朝ごはんですけど、

 

ランチを1000円と仮定すると+飲み物2回購入=1200円

1200円☓20日=24000円

交通費や付き合いの飲み代、洋服代、靴代、美容院代、

いろいろ考えるととってもお金がかかります。

これを交通費を除く月3万円(仮定)の中でやりくりするって至難の技です。

仕事が忙しいとお惣菜を買う回数も増えるので

家の食費も加算されるんですよ。

これが専業主婦なら食費は料理の工夫や腕でカバー出来ることもあるかもしれないですよね。

もちろん、この記事の女性は1億円の原資を元にいろいろと投資をしたり

お金を活かしているとは思いますし、

そもそもどうやって1億貯めるんだよ!という疑問は尽きないのですが、

働くとその分お金がかかるということには概ね賛成ですよというお話でした〜。

 

 

 


これは完全なるドッペルゲンガー(笑 #ハリーポッター

🌝

Коленька ⚡️さん(@anupliy)がシェアした投稿 –

http://spotlight-media.jp/article/388539114278102582

ドッペルゲンガーとは・・・

ドッペルゲンガー: Doppelgänger)とは、自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象である[1][2]。自分とそっくりの姿をした分身[1]。第2の自我生霊の類[3]。同じ人物が同時に別の場所(複数の場合もある)に姿を現す現象を指すこともある(第三者が目撃するのも含む)[2][4]。超常現象事典などでは超常現象のひとつとして扱われる[5][2]。近年では医学的な説明の試みもあり、それで一応説明可能なものもあるが、説明不能なものもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC

自分とそっくりの姿をした分身・・・。

最初見たときは本人以外の画像とは想像すらできなかった。

こんなにアップで別人とは・・・本当によく似た人がいるんですね。

彼は、ロシア、クラスノヤルスクで暮らす“Nikolai Posleda”さんと言う方です。

似ていることが縁になって

ロシアのハンバーガーチェーン「Big Yorker」のモデルになっているのだとか。

人生何があるかわかりませんねーー(笑

 

 

昨年末にハリーポッターの本を購入して子どもたちに

読み聞かせているところですので、

個人的にタイムリーでした。

是非、インスタグラム見に行ってみてくださいね。

 

 

 


3.11

まだ節目じゃない。

2万人の人が亡くなり、今も12万3000人の人が避難している。

https://fukko.yahoo.co.jp/graph/

幼い心むしばむ「原発いじめ」、被災者のケアに重い課題

http://jp.reuters.com/article/fukushima-nuclear-child-idJPKBN16H09J

原発いじめなどが多発している現状で

よく節目などといえるものだ。

この国の首相は冷たい。

コールドジャパン。