高たんぱく食で筋トレの女性死亡、本人も気づかぬ難病に警鐘

http://news.livedoor.com/article/detail/13481556/

(CNN) オーストラリアで筋トレに励んでいた25歳の女性が、高たんぱくの食事を摂取して死亡した。女性は尿素サイクル異常症と呼ばれる難病だったことが、死後になって判明。たとえ本人が気づいていなくても、こうした危険があることを知ってほしいと遺族は訴えている。

昨今、健康ブームが続いており男性だけでなく、

細いだけの痩せた身体ではなく、筋肉がほどよくついた身体を求めて

トレーニングをしている女性がたくさんいます。

男性で言えば「痩せマッチョ」

女性はなんだろう、マドンナしか浮かばないけど。。

そんな中、トレーニングを継続し食事も気をつけて高タンパクの食事をしていた女性が実は難病にかかっており、

この高タンパクな食事こそが彼女を死に至らしめてしまったということがわかったそうです。

オーストラリアのCNN系列局ニュース7によると、ミーガン・ヘフォードさん(25)は今年6月19日、西オーストラリア州マンドゥラーの自宅で意識を失った状態で発見され、数日後に死亡した。ヘフォードさんは7歳の娘と5歳の息子の母親。子ども病院に勤務して救急医療を学ぶ傍ら、ボディービルディングの大会に出場していた。

わたしが彼女の記事でやはり気になったのは

聞いたこともない病名も然ることながら、

25歳にして7歳と5歳のママだってこと。

2人の子どもを愛しているのでしょうね、子ども病院に勤務し、過酷な救急医療を学んでいたそうです。

ダイエットや健康を維持するために取り組むであろう筋肉トレーニング、食事制限が偶然にも高タンパクをうまく代謝出来ない体質の彼女の命を奪ってしまうなんて。

あまり聞いたことが無い病名ですし、

ある程度の量を食べないと意識が混濁するくらいの症状にはならないと思うので

本当に不運だったとしか言いようがないです。

でも、

このことをきっかけに亡くなった彼女の家族が世間に啓蒙してくれています。

高タンパクな食事を続けて体調にオカシイところがあれば、

「あれ?」といった不調感を放置せず、

是非、食事を元に戻したり、お医者様のご意見を聞いたりと

それこそ、ご自身をご自愛くださいね。

 

 

好きになった人が喫煙者でも付き合える?

わたしは非スモーカーです。

随分前にタバコはやめて今ではなんで吸っていたんだろう?と

本気で不思議なくらいです。

主人はスモーカー、喫煙者です。

もう数年禁煙に何度もトライしていますが、

一度も成功していません。

アラン・カーさんの禁煙ガイドブックは家に3冊くらいあります。

禁煙外来にも数回通院しましたが、すべて挫折しています。

本人も強く禁煙を希望していますが、

心が弱いのでしょうかね。

スパッと辞めたわたしはなんでもいえますけど(笑

わたしたちは喫煙者同士で結婚して

わたしが禁煙者になったのですが、

好きになった人が喫煙者であなたが禁煙者でとてもタバコが苦手だったら

あなたならどうしますか?

好きな人がタバコを吸っていたらどうする? 喫煙者とうまく付き合う方法まとめ

マイナビウーマンの記事には喫煙者とうまく付き合う方法まとめがあるのですが、

項目にうまく付き合うというか相手が禁煙・減煙してくれたという結果以外は

受け入れるのは難しいかなと。

今のわたしなら仮に気になったりしても

喫煙者は好きになれない氣がします。

タバコを吸った人がエレベーターに乗ってきただけで

??!うううううううってなるんですよ。

それを近くの人しかも結婚するかもしれない人が吸うなんて

ちょっと結婚する前は無理だわーーー。

エレベータで同室なっただけで服や髪に臭いが少し付きます。

換気扇の下で・・・って言うけど

これは完全に副流煙吸います。

タバコって本当にお金の無駄だと思うし、

もしあなたが喫煙者なら好きな人が禁煙者だとその恋愛は成就する可能性さえ

低くなってしまうので

是非辞める方向でご検討ください・・・。

あ!せめてアイコスで!

 

 

「7時間以上」の睡眠は健康に良い

よく眠れないので最近睡眠薬をお医者様で処方してもらったと

友人が言ってきました。

友人曰く、気持ちよく寝たのはどれくらい前かわからない・・。

疲れなのかストレスなのか・・。

ただ、睡眠がしっかりとれないことが新たなストレスを生んでいる・・・と

大きなため息を付いていました。

おおお、かわいそうに。

今日のニュースでタイガー・ウッズも睡眠障害であると告白しました。

タイガー・ウッズ 睡眠障害を告白


スポーツ選手は睡眠の質は気になるでしょうね。

気になりだしたら、意識がそこに行ってしまうので

また気になって眠れないとかそういう悪循環でしょうか。

わたしは朝型なので、

夜眠るのも早いのですが、

入眠のタイミングを逃しません。

余程のことがない限り

睡魔が襲ってきたら、速やかに電気を消して、真っ暗にして

入眠の体制に入ります。

このタイミングを逃すと起きてしまうこともあるので、

一番気持ちよく入眠できるタイミングを逃さないように気をつけます。

そのおかげかどうか

わたしは昼寝をしません。

むしろ昼寝をすると夜寝れなくなるので、

車の中でうたた寝くらいはありますが、横になることはないですね。

昼寝してしまうときは、ほぼ体調が悪い前兆です。

睡眠不足で一度低下した認知能力は、3日間たっても正常に戻らない

 

睡眠不足で一度低下した認知能力は3日たっても戻らないのだとか。

それを聞いても、いかに睡眠が日常生活で大事かってことはわかりますね。

「7時間以上」の睡眠は健康に良い:Fitbitの睡眠データが証明

 

↑fitbitってこれです

Fitbitで心拍や歩数をカウントするだけでなく、良質な睡眠を取れているかどうかもちゃんとチェックできるそうで

日本では流通がイマイチの印象ですが、

アメリカでは多くの人が活用していると聞きます。

お値段がそこそこしますが、同種のものであればもっと安価なものもあるので

そちらから始めるのもいいかもしれません。

まずは自分を知ることから。

 

睡眠不足で一度低下した認知能力は、3日間たっても正常に戻らない

睡眠不足で一度低下した認知能力は、3日間たっても正常に戻らない

 

科学誌『サイエンス』で発表された研究によると、睡眠不足の人が毎日もう1時間眠れば、収入が600万円増えた時よりも幸せになれることが明らかになってきていますし、世界一の投資家として知られているウォーレン・バフェットも次のように述べています。(2)(3)

「どちらかを選べと迫られたら、私は増収のチャンスと引き換えでも睡眠を一晩たりとも譲らない。」

日本人の5人に一人が睡眠6時間未満だそうですが、

みなさんはどうですか?

わたしはギリギリ7時間はキープしていますが

6時間未満のときもありますね。

引用にもありますが、世界有数の投資家であるバフェットさんが増収と睡眠ならば睡眠を一晩とりとも譲らないそうです。

若いときは少しの睡眠で活動することが出来ましたが、

年齢を重ねるにつれ、睡眠の大切さを感じるようになりました。

わたしは完全な朝型で朝が一番生産性が高いです。

朝は主婦にとって一番大切な時間ですが、

洗濯しながら、朝の食事、昼の弁当、子どもの世話、自身の朝の用意など

すべて併行処理できます。

それが夜になると全く生産性が落ちてきます。

子どもたちにもお母さんは眠いとあまり覚えられないから

大事なことは早い時間に教えてねと伝えています。

とにかく良質な睡眠をとることが毎日の活力を作ります。

よくシャワーだけで入浴を済ませる人がいますが、

わたしは絶対に湯船に入ります。

お風呂に入るのはキレイにすることと、

入眠を促す作用があると思います。

子どもたちにも身体を洗わなくてもいいから

お風呂に浸かりなさい、一日の疲れを取りなさいと言っています。

子どもであってもわたしはかなりの効果を感じています。

記事によると

睡眠不足の人があと1時間睡眠時間を増やすことは年収がアップするよりも幸福度を高く感じることがわかっているそうです。

たまに睡眠時間が短いことを自慢する方がいますが、

睡眠時間が長いのに収入が高いって言われるほうがかっこいいですよね。

スマホもほどほどに

さぁ、もう休みましょうかね。

 

「ランニングの代わりになる薬」の実現が近づいている:米研究結果

「ランニングの代わりになる薬」の実現が近づいている:米研究結果

http://wired.jp/2017/05/22/running-drug/

米ソーク研究所のチームが、運動したときに活性化される遺伝子を、実際には運動することなく活性化させる方法を発見した。高齢者や病気の人など、走ることができない人にとって有益な薬の開発につながる可能性がある。

ランニングの代わりになる薬と聞いただけで

また人間が楽をしようとしているな(笑 と 通販ショップTVみたいな印象を持ったけれど、運動(走る)をしたくても出来ない人のために

有益な薬の開発につながる可能性があるらしい。。。

確かに今、健康で走ろうと思えば走れるが走らないだけのわたしは

楽したいのだなと穿ってみてしまうが、

何かしらの理由で走ることが出来なくなったとき

人は出来ないことや失った者への渇望によって挑戦したがるのかもしれない。

そういう意味では走るという一見単純な活動も

すばらしい経験なのだなーーーとか感慨深い。

だからといってわたしは薬には批判的だ。

こういう薬はきっと開発者の意思や希望を無視して

前述の楽して運動した気分になる・・・ようなことに利用されるのだろうと思う。

人は年をとると何故か走ることが好きになる人が多いと感じているのですが、

それはランニングハイの状態が瞑想のような状態(フロー?)を作り出すのかもしれないなと思います。

瞑想はまず自分の呼吸に集中します。

ランニングも自分の呼吸を感じてまず走ります。

吸ってーー、吐いてーーー、吸ってーー、吐いてーーー。

ほら似ていますよね。

やっているうちに呼吸に集中して状態から抜け出して

自分の内側へ入っていく感じです。

こんなことを考えるとやはり、自分で経験できる(=走ったり、運動できたりすること)は素晴らしいです。

薬では生身の身体で得られるほどの感動はなさそうだと

敬遠気味です。

みなさんはどうですか?

お父さん、いつもありがとう。

鉄鍋のサビ取り #サビ #簡単 #ナチュラル

長年愛用している鉄鍋ですが、

油断するとサビが出来るのはご愛嬌。

いつもゴシゴシ洗っていたのですが、

塩をいれてじゃがいもでこすると

とても簡単にサビが取れてしまいます。

うちはIHなのですが、

正直、後悔しています。

なぜなら、

鍋がどんどん壊れるからです。

壊れるといってもバラバラになるわけではなくてw

熱の強さになべ底がたわむというのか反るというのか

熱が均等に伝わらないようになります。

IH対応の鍋でもお安いものは3ヶ月くらいしか持ちません。

1万円くらいしたものは持ちますね。

わたし愛用の鉄鍋は5000円以下だったと記憶していますが、

全然ヘタれる様子はなし。

重さだけ。

流石に片手では揺すったりは出来ないです。

そこさえ許容いただけるなら、鉄鍋は最高と思います。

いろいろなお鍋ありますけど、

結局は使いやすかったりするものが一番費用対効果が高いです。

 

カフェインは身体を冷やすの?温めるの?

 

コーヒーが大好きなわたし。

なにかあるとすぐにコーヒーを探してしまうし、

毎月のラテ費、コンビニのコーヒー費用は計算するのも恐ろしい。

温活をしているわたしとしては

カフェインが身体を冷やすという話は聞いては聞かないふりをしていたが、

温活が順調なので(体温36.7℃くらい)

カフェインの是非を考えてみたい。

http://caffeinstructor.com/caffein-information/cold/

記事を読んでみると

結局、温める効果、冷ます効果があるらしい。

気をつけたほうがいいのは

生理前と貧血気味のかたは気をつけた方がよさそう。

プロスタグランジンというホルモンが冷えにより痛みを増加させる。

プロスタグランジンは月経時の血液の排出を促す効果がもあるが、

過剰に分泌されると頭痛や腹痛の原因にもなるのだとか。

また、カフェインは鉄分の吸収をさまたげる作用があり、鉄欠乏性貧血の原因になるので、貧血気味の人は、食後のコーヒーなどさけたほうがよいとされています。

生理って女性にとっては月に一度の大きな解毒なタイミングなので

これだけ読んでも、コーヒーを飲むのは適量にしないとだめそうだ。

今はまずコーヒーを中毒をどうにか脱しようと

無農薬紅茶を色々試しています。

こちらもカフェインありますが、紅茶は発酵しているので、

身体を温める効果があるのだとか。

なにかよいアイテムがあれば教えてください!

 

 

こちらの無農薬紅茶は

お近くのスーパーでも購入可能な商品かと思います。

とても飲みやすいですし、

お手頃ですよ。

これくらいの値段で手に入ると良いですね。


長崎の生姜を使用してるとか。

これを紅茶に入れると身体が温まりそうだし

美味しそう。

「酒は飲んだら強くなる」が物議 医師も忠告「鍛えようと思ってはダメ」

「酒は飲んだら強くなる」に批判集まる 日本人の約半数は酒に弱い体質なので「死ぬで」と反論

若い頃はお酒が強い人が憧れで

かなり無理をして飲んだこともありました。

祖父は毎日晩酌をするほどお酒が好きでしたが、

父はあまり強くありません。

お酒は好きみたいですが、強くない。

ここの遺伝をもらったようです。

父の弟、つまり叔父さんは祖父に似たようでとってもお酒が強いです。

わたしもお酒は好きですが、そんなに強くはないと思います。

今回の記事のお酒は飲めば強くなるは

半分本当

半分嘘(危ない)

というのが、経験談です。

最初にお酒を飲み始めた頃、

自分のキャパを超えるとすぐに吐いていました。

それがビール一杯だとすると、

次第にビール2杯、3杯に増えていきました。。

お金もない頃なのでどうやって安く楽しく酔うかって考えてましたね。

ウイスキーやブランデー、カクテルも飲めるようになり、

お酒人生は楽しくなっていきました。

時間が過ぎて、焼酎、日本酒も飲めるようになった頃、

気づけば、2時間で焼酎1瓶空けるように・・・。

その頃からです、身体に異変がでてきました。

まず、

  1. 歯磨きすると血がでる
  2. 歯がグラグラする
  3. 肝臓の位置と言われるツボを押すと触っただけで激痛が走る

こんな状態を放置して飲み明かしていましたら、

肝臓が解毒出来なくなった(わたしの許容を超えた)のでしょう。

顔中吹き出物だらけに。。

細かい描写はしませんが、とても人前に出れるような状態ではありませんでした。

お化粧できるまで2年かかりました。。。

ここまでの自分の経験から

お酒は飲むと強く(飲めるように)なるが、

元々飲める体質じゃないのに飲むと危ないです。

お酒を鍛えようとはしてはいけない

お酒は飲めば強くなるのだろうか。NIKKEI STYLEが2015年に掲載した記事では、肝臓専門医で自治医科大学付属さいたま医療センター消化器科の浅部伸一氏が、「酒の強さは遺伝子によって決まる」と説明している。

酔いの原因は、アルコールを分解したときにできるアセトアルデヒドだ。これを分解するのが「アセトアルデヒド脱水素酵素」なのだが、この酵素の活性は遺伝子の組み合わせによって決まるという。活性は人種によって異なり、白人や黒人はほぼ100%が酒に強いのに対して、日本人を含む黄色人種では酒が強いタイプは50%にとどまる。日本人の約半数は酒が弱い体質なのだ。

記事の引用をみると

日本人の半数がお酒に弱いのだ。

最近の若者はノミニュケーションが足りないというけれど、

本来は飲めなかったのに、半分の飲める人たちの環境に入ってしまうと

無理して飲んでいた人も多いのかもしれない。

 

そして、今わたしは、お酒を飲まない。

でも、楽しく仲間と過ごすのにアルコールの力は必要ない。

「風邪に抗生物質投与は控えて」 厚労省が手引書

「風邪に抗生物質投与は控えて」 厚労省が手引書

みなさんのご家庭に医師から処方されたお薬がたくさん余っているかと思いますが、

その中に抗生物質はどれくらいあるでしょうか。

家族分を合わせると、結構な量にならないでしょうか。

うちは飲みきらないけど、処方されたお薬を全部飲みきってしまう方もいますよね。

この度厚生労働省が抗生物質の投与を控えるように伝達があるようです。

理由は、風邪の原因となるウイルスには抗生物質が効かないこと、

薬剤耐性菌が増えて将来的に抗生物質が効かなくなる可能性が懸念されるためです。

 手引書では、一般的な風邪の原因となるウイルスには抗生物質が効かないことから、「投与を行わないことを推奨する」とした。医師が患者に説明する際に「抗生物質は効かない」と告げた上で、症状が悪化する場合は再受診するよう指示しておくことが重要だとしている。

一方、ふだんより排便回数が1日3回以上増える急性下痢症は、ウイルス性、細菌性にかかわらず自然と良くなることが多い。そのため安易に抗生物質を使わないよう呼びかけている。

わたしは小さい頃から

薬はあまり飲まくていい、ひどい症状が収まったら飲まなくていい、

あとは自分の治癒力で治る

そんな環境で育ちました。

かかりつけの先生からも同じように言われてきたので

そんな風に育ちました。

今は薬を飲みきってくださいねって言われることが多いのですが、

「わかりました」と言って飲まないことも多いです。

先日腎盂腎炎になったときはさすがに抗生物質を飲んだのですが、

抗生物質は悪い菌も殺すが良い菌も殺すので

薬を飲まなくなってから、水分量など気をつけてくださいとアドバイスされました。

風邪の症状で抗生物質を処方されることにも驚いたのですが、

これを厚生労働省が発令することに深刻さを感じますね。

先日もこんな記事がありました。

26種の抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」で米女性死亡

薬を強くすれば、菌も生き残ろうと変異していく。

身体を温めて治癒力高めて行きましょう。

 

 

 

クリスティアーノ・ロナウドに学ぶ食事管理

👍

Cristiano Ronaldoさん(@cristiano)がシェアした投稿 –

人は食べるもので出来ている。

余裕がなくなってくると子供に対しても

なんか適当にコンビニで買って・・・となりそうだけど、

どうしてもコンビニ弁当は腐らないというか

そのための添加物が気になる。

大人はまだいいとして子供にはかなり抵抗がある。

最近、本気で食事を学ばないといけないなーーと考える日々です。

小学生になると子どもたちも方向性がかなり見えてきます。

サッカー、野球、水泳をはじめとする運動に向かう子どもたち、

ピアノ、書道、絵画など文化系に向かう子供。

水泳は習わないと泳げないので、水泳+何かを習っている人も多いです。

方向性が見えてきた時、

その基礎を支える栄養と、どんな筋肉が必要かによって食事の内容も大きく変わってきます。

持久力のいるスポーツなのか、瞬発力が必要なのか、集中力なのか。

手先の器用さとかね。

そこで参考になるのはやはり、トップアスリートではないでしょうか。

決め手はあの恩師の助言…C・ロナウド、専門家絶賛の食事管理とは

クリスチャーノ・ロナウドの食事ルールとは

  • ファストフードは食べない
  • スイーツは食べない
  • 炭酸や糖分が入った飲料は飲まない
  • 食べ物にソースはかけない
  • 揚げ物もほとんど食べない
  • 魚と野菜が中心
  • 新鮮なものを食べる
  • 決まった時間に摂取する
  • フィジカルトレーニング後食事まで1時間以上空けない
  • 夕食は軽く済ませる
  • 就寝の2時間前に必ずすませる

こういった細かいことを積み重ねているのだとか。

サッカーとトレーニング以外にもとても忙しい身でしょうから、

ルールを守るのはとても意思が強くないと難しいような気がしますね。

自分に負けないマインドコントロールも大切。

トップアスリートはいろいろ試した結果今に落ち着いているので

参考にしながら取り入れていきたいです。